FC2ブログ

新着情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | [--------(--) --:--:--] | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

登山中に

ありがとう

こんにちは。わたしは内気でおとなしい性格のため大小問わずにトイレを
我慢したことはしょっちゅうです。
そのなかでも一番大変だった我慢のはなしをかきました。
中学2年のときに学校行事で登山をしました。
朝、山のふもとまでバスで行き、そこから登山でした。
事前の説明会で頂上にはトイレがありませんと言われていました。
わたしは山のふもとの公衆トイレできちんとすませておきました。
そして頂上についてお弁当を食べてそれから友達と遊んでいたのですが、
わたしはそのとき少し尿意を感じていました。
しかし全然余裕でしたので、友達とふざけあって忘れました。
やがて下山のときになり、背の順で並びました。
わたしはチビなので前から2番目でした。
並んで立っていたら忘れていた尿意が一気に思い出され、
わたしは立っていられないくらいでその場で足をクロスさせて
力をいれて我慢していました。
そして下山し始めると歩くたびに尿意が押し寄せ、わたしは股間を他の人に
気づかれないようにおさえました。
まだまだある道のりのなかでもうダメと思い、先生に言おうとしたそのときに
友達のさっちゃん(仮名)がわたしに話し掛けてきました。
わたしはさっちゃんの話につきあいながらも尿意をたえることに
一生懸命でした。
それからだいぶ下りてきたところでピンチが訪れました。
なんと綱を持って急な山道を下りる場所があったのです。
女子はみなおそるおそるだったので列が混んで止まりました。
わたしはもう我慢の我慢でもれそうです。
股間を左手で押さえて足踏みをしていました。
せずにはいられませんでした。
すると隣にいたさっちゃんが「まゆっぺ(わたし)、どうしたの。
もしかしてトイレ?」と聞かれ、
わたしは気づかれたと思って
「うん。ヤバイかもしれない」と言いました。
するとさっちゃんはわたしを山道からはずれた人目のつかないところへ
わたしをひっぱっていきました。
そこでさっちゃんは「わたしもオシッコここでするからまゆっぺもしなよ」
といいました。
するとさっちゃんはその場でジャージをおろしてオシッコをし始めました。
わたしもそれを見て安心してその場でオシッコをしました。
その後話しを聞くと、わたしだけでなくさっちゃんも我慢していたそうで、
それ以来わたしはさっちゃんとますます仲良くなりました。
あの時さっちゃんがいなかったらわたしはあの場でおもらしを
していたでしょう。ありがとう
関連記事


我慢中学生 | [2012-03-20(Tue) 21:38:44] | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント:
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © おもらしインフォメーション All Rights Reserved. Powered By FC2.
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。