FC2ブログ

新着情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | [--------(--) --:--:--] | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

電車内でのお漏らし

今朝10時頃、京王井の頭線の車内でそれは起こった。
通勤には遅い時間ながら車内はほとんど身動きできないほど混雑していて、
俺はいつものようにMDを聴いていた。
電車は下北沢に到着。この駅は小田急も通るので乗降が多い。
客がどっと降りて車内が空き、ふと下をを見た俺は眼を疑った。
隣に立っている女性の足下に10㎝ほどの水たまりができ、彼女の白いパンプスも濡れて光っているのだ。
これは…と思いつつ彼女の顔に視線を移す。眼を奪われるほどではないが、美人であるのは間違いない。
眼鏡の奥の瞳は潤み、頬も心なしか紅らんでいる。
もう一度視線を落とすと、タイトなジーンズの内股をつたう筋状の染みが確認できた。
俺はおもらしの瞬間に居合わせたのだった。
また乗客がどっと乗り込んでくる。
俺はとりあえずMDのイアホンを耳から抜いた。
もしかしたらまだ余波があるかもしれないが、混んだ車内では視認できないと思ったからだ。
今俺に密着しているこの人がおもらしの屈辱に耐えている…そう思うと、勃起はしなかったがドキドキした。
結局余波は無かったようで彼女は終点の渋谷で電車を降りた。
彼女はホームで立ち止まり、どの程度染みができているか確認していた。
「大丈夫、あんまりわかんないよ」と心の中で呼びかけつつ、俺は乗り過ごした目的地に戻るためもう一度同じ車両に乗った。
水たまりはもうなかったが、車内に漂うアンモニア臭は先刻の出来事が現実であったことを告げていた。
関連記事


おもらし年齢不明 | [2012-12-01(Sat) 23:43:19] | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント:
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © おもらしインフォメーション All Rights Reserved. Powered By FC2.
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。