FC2ブログ

新着情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | [--------(--) --:--:--] | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

もうちょっとでおうちだったのにね

高校生の時の事です。
学校の帰りに、たまたま女子小学生(多分低学年)の姿を見かけました。
彼女の進む方向と私の帰り道がどうやら同じ方角の様です。
彼女も学校帰りの様で、ランドセルを背負っています。
私は彼女の後を何げなく、付いていく格好になりました。
しばらく気が付きませんでしたが、どうやら彼女は「おしっこ」を我慢している様なのです。
時折立ち止まっては、股間を押さえていまるのです。
それに気が付いてから私は、それが気になって仕方がありません。
彼女は、そのうちに股間を手で押さえたまま、走りだしました。
私も、無意識のうちに早歩きで彼女を追いました。
そして、彼女の家にすぐにやってきました。
植え込みが茂っていて、まわりからはよく見えないようになっています。
そこに駆け込んだ彼女が植え込みの隙間から見えてしまいました。
彼女は、植え込みのすぐ向こうで、何のためらいもない様に慌てる様子ででスカートをまくって白いパンツをおろしたのです。
そして、しゃがみ始めた時から既に小さなお尻から、「おしっこ」が出て来ました。
あの位置からでは、もしかして少しパンツにかかっています。
すぐ近くなので「シャー」という音が聞こえます。
かなり我慢していたのでしょう。
なかなか止まりません。
やっと、終わると、彼女はゆっくりと立ち上がり、パンツを上げようとしますが、ためらっています。
何とパンツがかなり濡れている様です。
多分、家につくまでか、ついてからパンツをおろすまでにか、少し漏らしていたと思われます。
彼女はパンツを半分上げたままで、家の中へと消えて行きました。
こんなところを見る事が出来たのは、かなり運がいいとしかいいようがありません。
その後、私も学校を卒業して彼女に出会う事が出来ません。
現在は、バイパスが通っていて、家すらありません。
かすかに残っている思い出でした。
関連記事


未分類 | [2012-03-22(Thu) 20:51:50] | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント:
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © おもらしインフォメーション All Rights Reserved. Powered By FC2.
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。