FC2ブログ

新着情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | [--------(--) --:--:--] | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

嫌いな相手のトイレ我慢姿

数年前にいた職場で、年は二つほど下だけどすっごい気の強い子がいて、私とは
普段から折り合いが悪くて、その子のこと正直嫌いだった。もちろん表面的には
和やかにしてたけど、お互いに必要以上に話さないし、たまに会話にもトゲがあった。
その職場で飲み会があった時に、たまたま二人で幹事をさせられ、飲み会後に会費等を
会社の金庫に入れにいかなくちゃならなくなった。
二人きりになるだけでも気まずいのにと、かなり気が重かった。周囲も軽く気付いていて
会場から会社の前までは他の人もついて来てくれた。その時、その子が仲のいい子に
トイレ行きたいわ…と言っているのが聞こえた。ずっと我慢してたん?と聞かれて
うんタイミングなくて、もう限界、と答える声が聞こえた。相手の子は、じゃあ会社で
行けるしちょうどいいね、と言い、その子はまた、もう限界…と言っていた。

会社の前で他の人達と別れ、私と彼女が二人で会社に入った。そこからその子は
いつものように全くしゃべらなくなり、気まずくなった。普段でさえ気まずいのに
今は早くトイレに行きたくて更に不機嫌なのだろうと思った。二階の部屋に入り
金庫の鍵を取る間にも、その子がこらえきれないという様子で足をふみしだいて
ブーツの音が鳴っていた。
私はそれには気付かないふりをしながらも
「お金は入れておきますから、先に出られていいですよ」
と言った。でもその子はむっとした顔で
「いえ!やります!」
と言って金庫に急いで行って、中腰くらいでちょうどいい高さのところを
しゃがんで、明らかにあそこに足やコートを押し当てて我慢しながらダイヤルを
回していた。

その後ものも言わずにトイレに行ったその子が、トイレの電気が全部
消えていることに悲鳴をあげ、さすがに廊下に響き渡るような声で
「トイレの電気つけてください!知りませんか!!」
と大声で頼んできた。私は場所を知っていたので、近づいてパチンとつけると、
一瞬あそこを片手で押さえた彼女の姿があった…。

次の瞬間トイレに駆け込んで行き、出てきたときにはまた元通り、お礼の言葉もなく
相変わらず気まずかった。

関連記事


我慢社会人 | [2012-09-30(Sun) 20:57:06] | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント:
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © おもらしインフォメーション All Rights Reserved. Powered By FC2.
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。