FC2ブログ

新着情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | [--------(--) --:--:--] | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

アクシデント

私が小学校6年生、11歳の時ことでした。
梅雨曇りの涼しい日、水泳の授業がありました。
幾つかの班に分かれて順番にプールに入る練習をしていました。
先生に言ってトイレに行こうと思いましたが、男子にからかわれるが嫌でした。
自分の班が泳ぐ番になりました。
プールの中でやっちゃえうと思いました。
そんな時にかぎってなかなか順番が回ってきません。
周りの友達は、小さな声で楽しそうにお話しているのに私は、だんだん無口になりました。
尿意は、だんだんきつく成ってきます。
そっと出しちゃえぅか、いや、今ゆるめたらきっと勢いよく出てみつかってしまう。
そうしたら、すごく怒られて、どんな恥ずかしい事になるか・・・
プールに入るまでまだ時間がかかりそうでした。
姿勢を色々変えてみました。
指でおしっこの穴を押さえたけど、必死で我慢しているのを知られたくない・・・。
膀胱がはって、下腹部が痛み始めました。
両膝を立てて、太股はきつく合せて両腕で抱え込みました。
プールの中は、二つ目の班が泳いでいます。
その時、冷たい風が吹いてきてお腹が強く痛みました。
もう苦しくて駄目、やっぱりトイレに行かせてもらおぅ・・・。
私は、立ち上がりました。
おしっこが重さで出口に押し寄せ、ほとんどもらしそうになりました。
それをなんとか、止めて先生の近くへ、近寄っていくのですが、裸足でコンクリートの上を歩くと一歩ご膀胱に響きました。
でも、変に歩いたら、もう限界なのが、男子に分かってしまいます。
一生懸命に普通に歩き先生に許可を貰いトイレに向かいました。
そこの角を曲がってみんなから見えなくなると、両手を股に挟んで膝を曲げて走りました。
もうちょっとで、トイレは、すぐそこです。
個室に飛び込み、ドアの鍵もかけず、スクールミズギの肩紐を脱いで腰の辺りまで下げたところで
温かいおしっこが太股に溢れ出しました。
もう、止められません。
私は、便器の立ったまま、膀胱の痛みを無くそうと無意識におへその下を押さえていました。
関連記事


おもらし小学生 | [2012-07-08(Sun) 12:42:38] | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント:
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © おもらしインフォメーション All Rights Reserved. Powered By FC2.
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。