FC2ブログ

新着情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | [--------(--) --:--:--] | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

彼とのドライブ中に…

先月のことなんですが、彼と山梨方面にドライブに行ったんです。
途中で喫茶店によってコーヒーを2杯も飲んだものだから、 そのうちトイレに行きたくなちゃって…。
彼とはまだつきあいも浅くてすごく恥ずかしかったけど、 私は
「どこかで休憩とれないかな」
ってそれとなく伝えました。
もじもじしている私をちらりと見て、 彼も私の置かれている状況を理解してくれたみたいでした。
「分かった。それじゃ、急いで行こうね。」
っていう彼の言葉に 私もホッとひと安心。
あと10分も我慢すれば楽になれるって思ったんです。
ところが、こういう時に限って、 なかなかトイレが見つからなくって…。
ファミリーレストランもガソリンスタンドも 全然見あたらないんです。
時間は10分、20分と過ぎ、ついに30分を経過。
私の膀胱はおしっこでパンパンに膨れちゃって、 今にも破裂しそうでした。
それでも、私はお腹と尿道口に力を入れ、 息も絶え絶えになりながら我慢し続けたんです。
そんな様子に彼は、
「ごめんね。もう少し我慢してね。」
を繰り返すばかり。
激しい尿意に冷や汗が流れ、もう気が遠くなりそう。
“あぁ、早くしてぇ…。漏れちゃうぅ…”って 心の中で叫んでました。
4、50分経つころになると、 膝の上で握りしめていた両手も、ついに耐えきれず股間へ…。
スカートの上から直接尿道口を押さえていないと、 今にも大量のおしっこが噴き出してしまいそうだったんです。
彼もこの様子にはびっくりしたようで、
「えー!どうしよう、大丈夫?!」
って しきりに私の顔をのぞきました。
もう、苦しいやら、恥ずかしいやらで、涙が溢れてきました。
その場で車を降り、させてもらおうかとも思いましたが、 白昼で、あたりには人がたくさんいたので無理でした。
我慢の限界が近づくにつれ、私の口からはうわごとのように
「あぁ、お願い、助けて…」
という言葉が出てきました。
彼もだいぶあせっていたようですが、 やがて耐えきれなくなった私が、恥も外聞もなく
「あぁぁ、おしっこぉ、おしっこさせてぇ…」
と泣きながら、 訴えると、
「それじゃ、この中にしていいから」
と 彼のリュックを私に差し出したのです。
そして、
「中に俺のジャケットが入っているから、それに染み込ませるんだ。」
って言ったのです。
私は
「ジャケット汚せないよぉ…」
とひとこと言ったものの、 もう既に我慢の限界。
「ごめんね、やっぱりもう我慢できない…」
と 彼のリュックの口を股間にあてがいました。
「あぁぁ、出るぅ…」
全身の力が抜けると、尿道口がチクチクと痛み、やがて チョロチョロと、少しずつおしっこが出てくるのが分かりまし た。
おしっこの流れは次第に勢いを増していき、 シャーというおしっこの感覚が、自分でも信じられないほど長く続きまし た。
恥ずかしくて途中で止めようとしましたが、 おしっこは止めどなく溢れてきます。
私は股間に彼のリュックをあてたまま、 しばらくは放心状態になってしまいました。
ふと、我に返ると、 私の座っているシートが濡れていることに気づきました。
リュックをあてがう際、 腰を上げて下着を下ろす余裕がなかったのです。
おしっこは下着をぐっしょりと濡らし、 車の助手席まで汚してしまいました。
貯まりに貯まったおしっこの大半は、 彼のリュックの中に入っていたジーンズ素材のジャケットに吸収されていきま したが、
彼の車を汚してしまったのはショックでした。
関連記事


おもらし社会人 | [2012-06-27(Wed) 09:19:16] | Trackback:(1) | Comments:(0) | [編集]
コメント:
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012/06/28 03:46 | まとめwoネタ速neo | まとめtyaiました【彼とのドライブ中に… 】 先月のことなんですが、彼と山梨方面にドライブに行ったんです。 途中で喫茶店によってコーヒーを2杯も飲んだものだから、 そのうちトイレに行きたくなちゃって…。 彼とはまだつき...


Copyright © おもらしインフォメーション All Rights Reserved. Powered By FC2.
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。