FC2ブログ

新着情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | [--------(--) --:--:--] | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

後ろに誰かいる!

中学生の頃、下校中のおしっこ我慢は、ほとんど日常茶飯事でした。
だから、家に帰ってすぐトイレに駆け込むことも少なくありませんでした。
別に中学校で済ましてくることも出来たのですが…我慢するのが少し気持ち良かったのです。
寒い冬の日でした。
その日もいつものようにおしっこを我慢しながら家に帰ってきたのですが、なんとドアが開かないのです。鍵がかかっているようです。
「うそ…」
そう思った途端、尿意はさらに大きくなり、少しやばい状態に追い込まれました。さすがにおもらしはしたくなかったのです。
「あぁ…もれちゃう…」
そう言いながら、私は前を押さえながら足踏みを始めました。
お母さんはいつ帰ってくるかわからない。近くに公園などは無い。
そう考えると、もう選択肢は1つしか無かったのです。
私は、急いで階段を下りて、自転車置き場まで来ました。
そして、人が誰もいない事を確認してから、しゃがみこみ、スカートをまくりあげ、
履いていたパンツとブルマーを一気に脱いだと同時に、おしっこが出始めてました。
「ふぅ…」
間に合った安堵感で、私はホッとひと息つきました。
その時です。後ろに誰かいるのを感じたのです。
驚いて後ろを振り向くと、確かに男の人がすぐそこにいたのです。
私はどうしていいかわからず、とにかくその場から逃げるためパンツとブルマーを履きました。
が、まだおしっこの途中で、パンツとブルマーはびしょぬれになってしまいまい、
結局、おしっこがまだ出続けている中、不自然な格好でその場から立ち去りました。
お母さんは、その2分後に帰ってきました…。
関連記事


野外中学生 | [2012-05-29(Tue) 23:07:42] | Trackback:(1) | Comments:(0) | [編集]
コメント:
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012/05/30 01:02 | まとめwoネタ速neo | まとめtyaiました【後ろに誰かいる! 】 中学生の頃、下校中のおしっこ我慢は、ほとんど日常茶飯事でした。 だから、家に帰ってすぐトイレに駆け込むことも少なくありませんでした。 別に中学校で済ましてくることも出来た


Copyright © おもらしインフォメーション All Rights Reserved. Powered By FC2.
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。