FC2ブログ

新着情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | [--------(--) --:--:--] | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

修学旅行のバスにて

6月の陽射しがまばゆいころ、僕達の高校は、京都・奈良方面への修学旅行に行きました。
二日目、僕達は、遺跡で有名な奈良県のA地方へ行くことになっていました。
宿泊地のホテルからは、1時間ほどの予定です。
僕達の学校は、男女共学でしたから、バスに乗る時も、半数ぐらいの生徒は、男女のペアーで乗りました。
僕も、彼女のサヤカ(仮名)と隣どうしの席につきました。
その日はたいへん暑い日でしたから、みんな大きな缶ジュースを買い込んでバスに乗りました。
僕達も例外ではありませんでした。
ただ、僕自身は前日からお腹の調子を悪くしていたので、あまり飲まない事に決めていました。
バスの中は、カラオケで盛り上がり、周りの景色を見ませんでしたから、順調に走っているとばかり思っていました。
ところが、1時間ほどしてふと我に返ると、バスがあまり進んでいない事に気付きました。
渋滞にはまっていたのです。
予定では1時間で着くはずだったのに、まだホテルのあるN市が見える場所にいました。
それで、僕は、ある事が気になり始めました。サヤカのトイレです。
だって、彼女は歌を歌いながら、500㏄入りのジュースを飲み干してしまっていたからです。
そんな心配は、僕だけではなかったようです。
だって、しばらくすると、さっきまであんなにぎやかだったバスの中が、エンジンとエアコンの音だけになってしまったのですから。
それから、更に1時間。バスはまだ渋滞の中でした。
「こんな事は始めてだ」と、バスの前のほうで、運転手と添乗員が話しています。
僕達のバスには先生が乗っていなかったのです。
きっと、トイレを我慢していた生徒は多かったと思います。
でも、男女共学だったし、恥ずかしかったのか、誰もその事を口にはしませんでした。
隣のサヤカも、案の定、トイレを催しているようでした。
いつもデートをしていたので、そのことはよくわかりました。
でも、サヤカも、トイレ、とは言いませんでした。
僕達は、時折、冗談を言い合ったりして、静かにバスに揺られていました。
それから30分ほどして、やっとバスは渋滞を抜け、順調に走り始めました。
でも、行程から言うと、後30分は充分にかかりそうでした。
隣のサヤカは、もうかなりヤバイ状態でした。
だって、僕の目を盗むようにしては、スカートの上から手で股間を押さえつけていたからです。
時折大きなため息をつくようにもなっていました。
ただ、それはサヤカだけではなかったのです。
バスの運転手も、当然その事は分かっていたようで、いつもよりスピードを出しているようでした。
でも、道は狭く、思うようにバスは進みません。
やっと、A村の入り口に差し掛かった頃、サヤカの状況はもう絶望的でした。
だって、今や、僕の話にも乗ってこず、手のひらで両膝をぐっとつかんだまま、ややうつむいてぐっと身を硬くしていたからです。
僕は、何度か「大丈夫?」と声をかけました。そのたびにサヤカは「ウン」とうなづくだけでした。
悲劇は駐車場が見えた頃に起こりました。
隣のサヤカが小さく「アン!」って言ったような気がしたのでサヤカを見ました。
でも、サヤカには変化はないように見えました。ただ、青かった顔が少し赤くなったような・・・。
僕は通路側に座っていたので、また、視線を前に戻しました。
そしたら、バスの真ん中の通路を、一筋の液体が次から次へと流れて行くではありませんか。
かなりの量でした。僕は驚いてサヤカを見なおしました。
するとサヤカは、先ほどとは違い、少し泣いているような笑っているような顔で、僕の方を見てきました。
もう、その頃には、サヤカのお尻のあたりから、あの匂いが立ち上ってきていました。
でも音はしませんでした。サヤカはブルマを履いていたからだと思います。
「ダメだったの」僕が言うと、サヤカは恥ずかしそうにうなづいて「まだ出てる」と言いました。
サヤカの身体から力が抜けて行くのがわかりました。

でも、サヤカはまだ幸せだったのかも知れません。
と言うのは、お漏らしは、彼女だけではなかったし、彼女は、お漏らしそのものは誰にも見られなかったのですから。
バスが駐車場へ入り、サヤカと僕は添乗員の計らいで、一番にバスから降りました。
サヤカは、一人では歩けないほど消耗していました。
サヤカのスカートから落ちるオシッコのしずくが、駐車場の土の上に点々と印を付けました。
ところが、3人の女性徒が、もう限界と言う感じで(手で股間をつかんでいたので)、後から続いて降りて来ました。
そして降りるなり「トイレはどこですか」と、身体をねじりながら添乗員に聞きました。
添乗員が「エーっと」と言って周りを見まわしている時に、一人は立ったまま漏らしてしまったのです。
しっかりと閉じた足の間を、猛烈な勢いで液体が伝い落ちて行きました。
ああいうのは連鎖反応でもあるのでしょうか。
後の二人も、添乗員に連れられて走り始めたとたんに、走りながら漏らしてしまいました。
その事が、逆に、サヤカには慰めになったようでしたが・・・。

バス10台ほどで行った旅行でしたから、その時は、当然、他のバス(他のクラス)でも同じ事があったようです。
中には、男性や、大のお漏らしもあったと聞きましたが、はっきりした事は分かりません。

サヤカとは、その後1年ほどで別れてしまいました。
関連記事


おもらし高校生 | [2012-04-07(Sat) 23:37:38] | Trackback:(1) | Comments:(0) | [編集]
コメント:
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012/04/07 23:50 | まとめwoネタ速suru | まとめteみた.【修学旅行のバスにて】 6月の陽射しがまばゆいころ、僕達の高校は、京都・奈良方面への修学旅行に行きました。二日目、僕達は、地方へ行くことになっていました。宿泊地のホテルからは、1時間ほどの予定で


Copyright © おもらしインフォメーション All Rights Reserved. Powered By FC2.
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。