FC2ブログ

新着情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | [--------(--) --:--:--] | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

ああっ・・・ドアがっ!!

これは僕が、12歳くらいのときのことです。
僕の住んでいる街には、ある記念につくられた巨大な公園があります。
どれくらいかというと、小さい子が迷って警察のおせわになるくらいでかいです。
ある日、日曜日に、その公園で大きなお祭りがありました。
僕はそのころ、すでに目覚めてしまっていたのですが、その公園には当時、
公衆トイレがとても少なく、大きなイベントのときには、ほんのわずかな
仮設トイレが、男女共用で設置されるという事を、ちゃんと知っていました。
(我ながら恐ろしいガキでした)
僕は公園につくと、早速、地図をみて、公衆トイレが無く、かつ仮設トイレの
設置数のすくないポイントを探し出しむかいました。
真夏のお祭りですから、みんな女の子は薄着だし、ジュースやかき氷、ビールの屋台
なんかがたくさんいました。
かくして、僕の予想通り、トイレは大混雑していました。
ならんでいるひとのしぐさを観察するべく、僕はトイレのすぐそばのベンチに(カモフラージュ
のためのまんがをもって)すわりました。
列には、男性もいないことはなかったけど、やはり女性が主でした。
平然と順番をまつおねーさんもいれば、もはや限界をむかえ、股間を両手で
押さえ、こきざみに震えながら「もう、だめ・・。」を繰り返しつぶやいて
いるゆかたの30くらいの女性もいました。
そんななかで、ことさら僕の注意をひいたのは、かなりせっぱつまった様子
で、一瞬も足踏みをやめない15歳くらいの女の子でした。
彼女は、列の最後の方にいて、順番がまわってくるまで大分ありそうでした。
僕が彼女だけを観察しはじめてから10分くらいたつと、そのこは、
突然、スカートのうえから、あそこを押さえたまま、列をはなれて走り出しました。
そこから50メートルくらい走って(もちろん僕も追いかけてはしった)
彼女は、ひとつだけポツンと、木の影にあった仮設トイレをみつけていました。
でも、そのトイレにはドアがありませんでした。
彼女は、一瞬だけ、迷うようなかおをしましたが、もう、我慢できなかったのでしょう。
かまわず飛び込み、しゃがもうとしましたが、ほんのすこし遅かった。
パンツを降ろそうとして、今まであそこを押さえていた手を放した瞬間、
「ぴしゅー」という音とともに破局が来てしまったのです。
彼女は、半泣きになりながら、すべてのおしっこを出し尽くし、
ぬれたパンツをぬぎもせず、もと来た道をもどっていきました。
僕は、その子の後ろ姿をみながら、何故か自分も泣きたくなったことをおぼえています。
関連記事


おもらし高校生 | [2012-04-03(Tue) 22:02:38] | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント:
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © おもらしインフォメーション All Rights Reserved. Powered By FC2.
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。