FC2ブログ

新着情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | [--------(--) --:--:--] | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

手が泥だらけで

その日私は取材の帰りに、公園のベンチでその日の取材結果をまとめていました。
その公園は決して大きくないのですが、近くに団地があるせいか、割と多くの子供たちが遊びに来ているので
した。
その日は男の子のグループが数組と、幼稚園年中~小学校1年生位の3人組が遊んでいました。
一番年上の1年生の子はピンクのミニスカートに下はブルマ、
もう一人の子(たぶん1年生)は白のワンピースに、下はやはりブルマでした。
そして年中組の子は、黄色いミニスカートに白のパンツでした。
3人はしばらく滑り台やブランコ、鉄棒等をして遊んでいたのですが、
そのうちピンクのスカートの子が股間に手をやり始めたのです。
最初は目立たなかったのですが、徐々にその周期も短くなり、
最後には鉄棒から降りるごとに股間に手をあてがっていました。
ついにその子は鉄棒を止めて、股間を両手で押さえながら
「わたしちょっと、おしっこしてくるね」
と、草むらの中へ消えていきました。
ピンクのスカートの前を右手で押さえ、左手1本で腰をくねらせながら
パンツとブルマを同時に引き下ろし、しゃがむと同時におしっこを始めたのです。
し終わると、ピンクのスカートの子はすぐに残りの二人のところへ戻って、
「○○ちゃんはしたくないの?」
などと2人に聞いていましたが、そのときは2人とも
「ううん、だいじょうぶだもんねェ」
などと、顔を見合わせながら言っていたのですが。
「ねえ、こんどはすなあそびしよう」
と、先ほどおしっこを済ませたばかりのピンクのスカートの子が提案すると、残りの二人も一斉に、
「うん、やろう!」
と言い、今度は砂遊びが始まりました。
3人は、服が砂で汚れないようにスカートをまくり上げていたので、ブルマ&パンツが丸見えです。
小学生の2人は黄色いスカートの子を
「○○ちゃん、パンツ丸見えだぁ」
などと冷やかしていました。
年中組の黄色いスカートの女の子は、
「だって、ようちえんなんだもん。おねえちゃんみたいなたいそうぎ、もってないもん」
と、ちょっと膨れながら言い返して、スカートを下げてしまい、砂場を掘り始めました。
しばらく砂遊びが続いていると、今度は年中組の子が股間に手をやり始めたのです。先ほど
「だいじょうぶ」
と言ってから僅か30分程度だったので、「おしっこではないな」と思っていました。
ところがものの10分もしないうちに、女の子はしきりに股間を押さえるようになったのです。
砂のついた手で、立っているときは黄色いスカートの上から、
しゃがんでいるときは、直にパンツの上から押さえていたのです。
両手を使っているときには、踵で、体をもじもじさせながら押さえているほどでした。
そんな状態から数分が経過した後、3人は掘った穴に水を入れ始めました。
泥遊びが始まったのです。
小学生の2人組は、
「○○ちゃん、もっとおみずもってきて」
などと命令するので、一人幼稚園の黄色いスカートの子はいうことを聞くしかありません。
その子は片手にバケツを持ち、もう片方の手はずっと股間を押さえていました。
水道の蛇口をひねる間さえも手を離せないほどになっていたのです。
そのうち1年生の2人組は、
「○○ちゃんもあなほってよ」
と命令し、黄色いスカートの子はそれに従いました。
しかし、もう穴を掘るどころではなく、その子は体中をふるわせておしっこに耐えていました。
そのうち一人の子が、
「○○ちゃん、おしっこ?はやくしておいでよ」
と言い、年中組の女の子は慌てて立ち上がりました。
そして3人で草むらの方に走っていったのですが、両手が泥だらけで股間を押さえることが出来ません。
女の子は泣きそうになりながら、
「もうもれちゃうよぉ」
と、1年生の2人に訴えていました。
やっと、さっきピンクのミニスカートの子がおしっこした場所に到着したのですが、今度は、手が泥だらけです。
すると、
「おねえちゃあん、はやくパンツおろしてぇ。もれちゃうぅ。はやくー」
と、股を閉じ、腰をくねらせながら叫んでいるのです。
しかし1年生の2人とも泥遊びをしていたので、当然手は泥だらけでした。
すると、
「○○ちゃん。ちょっとまっててね。てあらってくる」
と、言い残して水道の方へ行ってしまいました。
すると、
「ああん、おねえちゃあん、まってぇー。もれちゃうよぉー」
と、大声で叫びました。
 その直後のことでした。
流れてくるおしっこを必死で止めようと、女の子は泥だらけの両手で股間を押さえました。
しかし、一度出てしまったおしっこはもう止まりません。
「うええーん。でちゃったよぉ。うええーん。おねえちゃあん」
しかしその声はお姉ちゃんに届くことはなく、草むらにむなしく響いたのでした。
関連記事


おもらし小学生 | [2012-04-02(Mon) 20:17:50] | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント:
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © おもらしインフォメーション All Rights Reserved. Powered By FC2.
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。