FC2ブログ

新着情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | [--------(--) --:--:--] | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

家庭教師中に我慢の限界になり

ほんと家庭教師は辛かった!私も一度限界まで我慢したこと
あります。生徒は中3の男の子で、受験を控えた夏休み。
2時間の指導時間を、その日に限って3時間に延長したのが
間違いだった。生徒は途中でトイレに立つのに、どうしても
恥ずかしくて言えず、ひたすら我慢。その状態で、数学の
文章題を教える辛さと言ったら・・・。(今でも覚えてる・・・
不等式の文章題だった。)

部屋に置かれた小さなテーブルで向かい合って教えてたんだけど
最初のうちは気付かれないように小さくもじもじして我慢。
最後の方になると、かかとで抑えた状態で動けなくなった(恥)。
数字や式を見ても、頭はパニックで何を言ってたか覚えてないけど、
耐えきれなくなって、適当に理由をつけて5分ほど早く終了。
指導のたびに、報告書に保護者のサインをもらうという、ト○イ
のシステムを本気でうらみました。生徒に、保護者を呼んできて
もらう1・2分の間、今にも漏らしそうで、ほとんど半泣き。
「早く早く早く・・・!」と、トイレを借りたくてたまらない
のに、結局言い出せず、玄関でサンダルを履くふりをしてぎりぎり
までしゃがみ、なんだか不自然な恰好をして挨拶をした気が・・・。
とても駅などのトイレまで我慢できず、夜の住宅地を急ぎながら
生徒の家から20mほどのところにあった、公園ともいえないような
空き地に無意識に駆け込み、植え込みのところまでこらえきれなく
なって、なんと空き地の真中あたりで半分漏らしながらしゃがむ。
あまりにも我慢していたので、しばらくぼーっとなって立てません
でした・・・。

空き地の入り口にカバンを放り出したのを見つけたときも
恥ずかしかったけど、次に行った時、明るい時によく見たら
空き地のすぐ横や裏は民家で、もし窓から見ている人が
あったら・・・と思い、今更真っ青に。
でもそれ以降、少々の我慢は平気になった気がする。
あれほど辛い我慢はもうないだろう・・・。


おもらし大学生 | [2013-08-25(Sun) 23:07:09] | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

高速のパーキングでのお漏らし

さっき、中央道の藤野PAで20代後半くらいの女の人が
おしっこ漏らしてた。しかも男子トイレで。
めちゃめちゃ渋滞したせいで、女子トイレに長蛇の列が
できていて、その女性、その列を見るや否や、一緒にいた
彼氏だか旦那だかに
「もう無理」みたいなことを言っていた。
俺はそのまま飲み物を買いに行って、その場で飲んでから
トイレに行ったら、さっきの女性が連れの男性と男子トイレに
並んでいて、苦しそうな顔で足踏みをしていた。
おばちゃんとかなら、よくあるけど、若い女性が男子トイレ
に入るくらいだから、本当に切羽詰まっているんだと思った。
(他に女の人はいなかったし)
用を出し終わって手を洗っていたら、並んでいた女性が
走りながらトイレから出て行ったんだけど、ジーパンの
お尻がぐっしょり濡れていた。

おもらし社会人 | [2013-08-22(Thu) 16:10:38] | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

イベントのバイト中に限界まで我慢

先週、イベントの受付のバイトに行った時。ある催しの受付を手伝うために行った
のですが、まず会社から会場までが大渋滞でした。本当なら開始1時間ほど前に
到着する予定が、30分以上遅れての到着になってしまいました。すでにお客さん
が列をなして並んでいる前(ガラス越し)で、もはや殺気立った中で説明を受けた
のですが、車を降りる時からトイレを我慢していた私は、受付開始までにトイレに
行きたくてすっごく焦ってました。

それなのに、荷物をスタッフ用の場所に置きに行く暇もなく追い立てられて受付に
座らされて
「開始から30分ほどで開演だから、大変なのはその間だけ」
と言われて、しかも会場を10分ほど早めるということでトイレに行く時間もなく
なってしまいました。
一列につき2人で受付をしたのですが、いざ始まってみると、人は押し寄せるわ
人数の確認やパンフレットを渡すなどの作業はわずらわしいわで大変でした。
背の高いカウンターだったので立っていましたが、ただでさえ受付の作業が多くて
焦るのに加えて、トイレを我慢するのに必死でした。ついたての向こうだから見え
ないとはいえ、かかとや膝の動きが止められずに常にくねくねと動きながら我慢を
続けていました。
必死で我慢してはいても、もうトイレに行きたくてたまらなくて、隣の人にもばれて
しまいました。足を上げ下げしたり腰が引けてたりしてたら、誰だってわかると思い
ますが「ねえ、トイレ行きたいんでしょ、大丈夫?」と年輩の方に言われてしまい
ました。ここで今行きたいと言ってもどうにもならないのですが、我慢しきれなくて
「はい、もうすっごい行きたい!」
と答えながら、それでも受付を続けました。
やっと開演時間になり、ほとんど人が来なくなった時、限界を感じながらもさらに
我慢を続け、ようやくトイレに行かせてもらうことになりました。
トイレの表示に向かって走ろうとした時、なんと「あ、お客様用じゃなくて、一階から
楽屋の方に行ったらスタッフ用があるから」と言われ、階段の下の方を指さして
言われました。
漏れそうとも言えず、どこにあるのかわからないトイレを求めてひたすら歩き
回って楽屋への通路に入った時には、我慢の限界はとっくに超えて精神力のみで
耐えてる感じでした。トイレの表示を求めて通路を急いで歩き、やっと見つけて
駆け込んで行ったら、なんと電気がついていなかったのです。電気のスイッチを
見つけようと焦った瞬間、「あっ!」という感じで限界…。
わずかな明かりの中を、オシッコを押さえながらトイレに飛び込んでドアも開けた
ままでやってしまいました。
その後呆然としながら電気をつけて、いろいろと確認してみると、漏らしたのは
ほんの一瞬で、かろうじてトイレに入るまでこらえきれていたようでした。
でも漏らしたことには変わりなくて、やっとのことでトイレに行けたのに辛くて
一日鬱でした…。トイレに漏らしながら駆け込むとかよく聞きますけど、実際に
あると、ほっとするどころか、ただのパニックです

未分類 | [2013-08-21(Wed) 16:09:06] | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

第2体育館器具庫の補修工事の伴い、普段器具庫を利用している4つの部の部員数名で
器具の移動や掃除をしました。その借り出された部員の中に、バドミントン部のマイがいました。
(俺はバレー部。マイとは幼稚園、小学校ずっと同じクラス、そして妹同士が大の仲良し。
何でも話せる仲で、意識し合っていた面もあった)
その日は土曜日で、教師らは飲み会が予定されており、部活動は早めに切り上げられ、
校内に人はいない時間になっていた。作業も終わり、帰宅の命令を顧問が下し、
俺はカギを渡されて戸締りを命じられた。顧問はさっさと呼んだタクシーで飲み会場へ、
他の部員も続々と帰り始めた。俺は全員退散したことを確認し、カギをかけて
体育研究室前の給水栓にカギを置いて帰ろうとチャリ置き場に行ったところ、マイが突然
「トイレに行きたいから、ごめんもう一回体育館開けてくれる?」

カギを取ってきて再び開けてやり、「いってらー」俺は一言。マイは猛スピードで体育館の
トイレに行った。15分経っても戻らず、おかしいな?ウンコかよ(プププ)と妄想していたのだが、
あまりにも遅いので外からトイレの窓にノックして「カギを置いていくから俺先に帰るぞ?」
と言おうか迷ったが、カギ置き場は顧問と部長と副部長の俺しか知らない秘密の場所なので、
幾らなんでも頼むわけにはいかない。2人だけだし久々にマイと一緒に帰りたかったし。
しばらくしてマイが出てきた。
「おいどうしたん?カギの事もあるから心配したのだが?・・ん?」どうも様子がおかしい。
そしてちょっと臭った。マイは急に悲しそうな顔をして、
「誰にも内緒にしてくれる?おなかの調子が悪くて・・・間に合わなくて・・・・」(あーやっちゃったか

自分でもこういう経験があり、少年野球の練習の時のことをマイに全部話した。
クソミソには慣れっこだった。(自分の経験や、飼ってる老犬の介護。死んだ爺ちゃん。)
「とにかく、誰もいないから早く帰ろう・・・」だが、よく見るとジャージは後左足全部が駄目で、
可哀想なことにソックスとシューズまで染込んでいた。これでは帰れない。
聞いたらドアを開けた瞬間にやってしまったそうで、体育館洗面所付近の通路も汚したと・・・。

マイは泣き出し「どうしよう・・・」の連発。うちの学校は部活動の理由から土曜はジャージで
登下校するので普通日みたいに制服は着てこない。制服には着替えられなかった。なので
俺はマイを体育館に残し、急いで家に向かい、自分のジャージとサンダルを取ってきてマイにやった。
まだ泣いていて一行に立ち上がらない。「絶対内緒だし、俺しか知らんし、小さい頃から一緒だし、
ほら早く!」俺は着替えるよう泣きじゃくるマイをトイレに行かせた。
そして俺は汚した箇所を綺麗にし、持ってきた犬用の(^^;)電気ポットで湯を沸かし、
トイレ個室の天井部の開いている空間から濡れタオルを渡し、外で待ってた。

戻ってきたマイを見てちょっと焦った。ノーパンでジャージを穿いているのでオ○ンコの形は
クッキリ浮かび上がるし、お尻のラインもハッキリ。
小さい時の姿やスカートめくりや、放尿ごっこ、成長振りを知っていてすごくエッチに見えた。
美人で、だが・・・・その姿は本当に可哀想であった。だけど他人に見られなくて本当に良かった。
そして気持ちが落ち着いたところで自転車で一緒に帰った。

(お互いの会話は100%正しいか記憶に自信が無い。でもこんな風だったと思う。)
帰途中、マイは「私のせいなのに、私は何もしないで・・・・○○クンありがとう」
やっとしゃべったマイに安心した。俺は「マイのことが好きかも知れん。
他の奴に獲られるのは嫌だぜ」と言った記憶がある。
バイバイして家に帰って、遅い昼飯を食って、日課のマイを思ってのオナニーをしようとしたが、
ちょっと切なくなってしまい、無理だった。その日は寝た。でも親密になれてうれしかった。

翌日、ピンポーン♪マイとマイのお母さんがやってきた。マイの母さんが新品のジャージとサンダルと
ケーキを家に持って来てくれた。驚いたことに、一部始終をマイが自分の口から泣きながら
うちの母ちゃんに話した。うちの母ちゃんももらい泣きした。俺は席をはずした。
そして帰った後、俺の母ちゃんがやってきて「よくやったね。エライ」の一言。
それからこの件は母ちゃんは口にしなかったし、俺も母ちゃんには一切言わなかった。

未分類 | [2013-08-20(Tue) 14:49:51] | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

診療中にトイレ我慢できず

先月、ある耳鼻科に通っていた。仕事が早く終わった日にギリギリ診察時間に間に合うので
電車に乗って少し遠いところまで通っていた。初診の時にいろいろと検査をされたので、
2回目はその説明ということで、時間がかかるからか最後の番に回された。
子供がいっぱい来ていてなかなか終わらず、1時間弱待ってようやく最後になった。
その時すでに雑誌を読みながら尿意を感じていた。それとなく待合室や受付をぐるっと
見回しても、トイレらしきところがなく、トイレ行きたいのにな…という感じでのんき
に構えていた。今思えばその時に行くべきだった…。
最寄駅から徒歩10分以上かかるところで、その間にはコンビニなどもなく暗い道
(住宅地)だったし、ここで行くしかなかったのに。

診察室に入ってからはどんどん尿意がきつくなり、説明を聞きながらもトイレのこと
ばっかり考えてしまった。いつもトイレが近くなくて、あまり我慢することもないのに
こういう時に限ってすっごく行きたくなった。
果てしなく続く説明を聞くふりをしながら、トイレをこらえるのに全力を尽くしてた。
多分20分くらいかかって、やっと終わり、誰もいない待合室に帰った。すぐにトイレ!
と思ったら、薬は薬局でもらうようにとか看護婦さんが指示しに来て、そのまま支払いに
なり、先生と看護婦さんに見送られて玄関から出るはめになってしまった。
ちなみに最後までトイレに場所はわからないまま…。

外に出たら道は真っ暗で、店もない。こんなにトイレを我慢するのは何年ぶり?という
くらいでパニック状態になってしまい、「もう無理!」とか「おしっこ!」とか
半泣きで口にしてしまった。漏れるのだけはくいとめようと思って、手でぐっとおさえたり
しながら歩いたけど全然進まず、ふと見えた神社の鳥居のところまで、もう漏れる
寸前だったけど我慢して歩いた。
そして、神社に一歩入り、真っ暗なスミの方に行こうとしたけど2歩くらいのところで
限界。明るかったら丸見えの場所で、荷物を落とし、座る体勢になりながら漏らして
しまった…。漏らし始めたら止められず下着をずらすのが精一杯で、限界を超えた
量のオシッコを全部漏らしてしまいました。


おもらし社会人 | [2013-08-19(Mon) 14:48:13] | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

選挙のバイト中に

先日の総選挙の日。家の近所にテレビ局(地方の、小さいところ)があって、電話番の
バイトを募集していたので行った。各投票所からの連絡を受けて、係の人に渡すという
作業をえんえんすることになった。廊下のテーブルに黒電話がいくつか置いてあって、
私はその端っこですることに。
私のほかは社員で慣れているみたいだったのに、私の電話が一番に鳴るようになっていて、
話し中だと次のが鳴るという仕組みで、私は開票時間を過ぎた頃から電話から離れられなく
なった。最初は暇だったから出されたお茶やペットボトルを半分以上飲んだりしてしまって、
すっごく忙しくなった頃には無意識にトイレを我慢していた。
それでも、まずトイレの場所がわからないし、持ち場を離れられそうな雰囲気ではないので
我慢しつつ電話を受けつづけていた。

途中で社員の人が隣りの社員に謝ってトイレに行かせてもらって、次は私がと思ったけど、
ほかの2人が「こんなに忙しいのに」「さっき済ませておけばいいのに」とか悪口のように
吐き捨てていて、「私はまだ我慢できるから…」と無理に我慢してしまった。
足をぎゅーっと組んだまま電話を取り続けて、だんだん回数が減ってきた頃、2人の社員が
ほかの仕事に回ることになり、さっきトイレに行った人と2人きりになってしまった。それで
電話の本数は減ったとはいえ、よけいに動けない状態になってしまった。
トイレに行きたくなってから1時間半くらいたっていて、足を離したら漏れるかも…と
思うくらいに切羽詰っていた。そこにバイトの係の人がきて、そろそろ終わりにするから、
社員一人にまかせていい状態になったら帰ってもいいと言いにきた。
そろそろ終われると思うとますますトイレに行きたくなり、電話を取りながらも
足を思いっきり閉じて前かがみで前後にゆれてるという、どう見てもトイレを我慢
してる体勢になってしまっていて、隣りの社員に気付かれてしまった。
すごく恥ずかしかったけど、もう隠せなくて「トイレ…」とやっと言うと、ちょうどその
時間がきりのいい時間だったので、終わっていいことになった。ほっとして、トイレの
場所を教えてもらい、まだ電話は鳴っているのに一人に任せて悪いとは思ったけど大急ぎで
荷物をまとめてトイレに向かった。廊下を曲がったら、トイレが人であふれて順番待ちが廊下に
10人近く並んでいるのが見えた。倒れそうだった。
別の階のトイレに行けばよかったけど、なぜかその時は思いつかず、また引き返して玄関に向かって、
とにかくこの建物から出なきゃ!と必死だった。駐車場は暗いので、スカートの前を抑えまくってようやく
歩いている状態。案の定、一分ほどで我慢の限界を迎えて、暗がりで座りこむのと漏らすのが同時。
スカートはぬれなかったけど、小1以来のおもらしで下着も足もビチョビチョに…。
すごい勢いでおしっこが出つづけて、漏らしてるのにほっとしてた。そして、びしょぬれの
まま急いで家に帰った。すごく気持ち悪かったけど、「トイレに行きたくて行きたくていけなかった
状態よりはまし」と言い聞かせて帰った。



おもらし社会人 | [2013-08-17(Sat) 14:38:03] | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

家までたどり着いたが鍵が見つからなくて

私もマンションに住んでて、この前見てしまった…。
夜帰ってきて郵便受けを見ようかなーと思った時にエレベーターに人が乗り込んで
行ったから、慌てて私も乗ったんです。普通なら郵便受けのところに人がいたら
ずっとドアを開いたまま待ってるんですけど、そのときは閉まりかけてて私が無理やり
乗って行ったんです。そしたら同じ5階のボタンが押してあったから、ご近所さんだなぁと
思ってなんとなく挨拶でもしようかと思ったら、その人(30歳くらいの女の人)が
が明らかにトイレ我慢中だったんです…。
私が帰ってきた時にタクシーから降りてエレベーターに走って行ったのはこの人だったんだ
と気づいたけど、乗り合わせてしまって気まずいことこの上なし。前かがみで足を交差させて
しかも体が揺れてて、お互い沈黙で。でもすぐに着いて、その人は前かがみのまま廊下を急いで
行って、私はその手前の家なんで、すぐに家に入りました。
それから、やっぱり郵便受けのぞいておこうと思いなおして、また廊下に出たら、その人が家の前
で座り込んでかばんを引っ掻き回してるのを見てしまったんです。鍵が見つからなくて焦ってるんだ
って思って、かわいそうだったけど無視して一階に行って、エレベーターが来ないから今度は階段で
上りました。階段は扉が閉まってて、音がすごく響くし薄暗いしでこわいので、さっさと登っていました。
すると、あと二階分で着くぐらいの時に、上で扉が開いて人が入ってくるのが聞こえて、しかも「ああ!ああ!」
って悲鳴みたいな半泣きの声が響いてました。もしかしてあのさっきの人?と思う間もなく、泣き声とガサガサ
言う音と一緒に「まさか!?」て思う間もなく、なんとおしっこの音!
し、信じられない…と呆然としましたが、どうしようもなくて気配を殺してました。
多分鍵がなくて、我慢しきれずに階段に駆け込んでしまったんでしょう。ほとんど人が
利用しないし、廊下で漏らすよりは…と思ったのでしょう。
すっごい勢いで流れるのが聞こえてて、やっと終わってまたがさがさ言う音が聞こえたときに
そーっと廊下に出ました。その後その人とはちあわせしたくなかったから、わざわざマンションの
外を散歩というか時間つぶしてから家に戻りましたが、階段の始末をしたかどうかは
見てないのでわかりません。すごい迷惑ですよね…。



野外社会人 | [2013-08-17(Sat) 14:35:10] | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

図書館でのバイト中に

私は図書館カウンターで受け付けのバイトをしていたのですが、始めて
間もない頃にやってしまいました。週末の閉館時間近くなると、貸し出し
カウンターに5.6人が総動員で並び、大急ぎで貸し出しの手続きをして
いくのですが、それが本当に忙しくて、カウンター内はギスギスするほどでした。
利用者の列は何十人も続いて、空いたカウンターに次々と来るので、最後の
30分ほどは全くその場を動けません。
バイトを始めて二週間くらいしかたっていなくて、パソコンの扱いにまだ
慣れない頃だったので、いつのまにかすっごくトイレに行きたくなっているのに
我慢しているうちにその超多忙な時間帯になってしまいました。

どうしよう、めちゃくちゃトイレに行きたいー!っと焦りだした頃には
絶対にカウンターから離れられなくて、多分はたから見てもあやしいくらい
震えたりもじもじしてたと思います。でも焦って何回も操作を間違って
しまったりして、利用者の列をさばいていた館長が怒って近づいてきて
「もういい、お前は書庫に行け!」
みたいなことを言われました。受け付けしている人から「これを書庫から
取ってきて」と言われたら走って探しに行く役目と交替させられました。
とにかく、小さな紙切れを持って地下の書庫に降り、棚から本を探そうと
しましたが、もうトイレに駆け込みたくてたまらないし、走ってももれそう、
じっとしても漏れそうで「膀胱が破裂しちゃう!」って本気で思いました。
二回ほどカウンターと書庫を往復した時、もう限界!漏れる!という状態
になってしまいました。
また書庫に向かわなくてはいけないのに、それを無視して館長の目の前で
トイレ直行でした。しかもトイレには子供が何人かいて、ちょうど空いた
トイレに向かって歩いている子がいたのに、それを押しのけるようにして
入り、その瞬間に漏らしてしまっていました…。すっごい速さでトイレの
体勢に入りましたが、全然間に合ってません。

その後トイレから出るのにどれだけ勇気がいったか、館長にどれだけ冷たい
目で見られたか、そして漏らしたことを隠しとおすのがどんなに大変だったか
今も忘れられません。

おもらし社会人 | [2013-08-16(Fri) 14:33:54] | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

買い物中に我慢できなくなり家まで我慢するも・・

旅行中でもなんでもなく日常生活でやらかしました。
もともとトイレが遠くて(ていう言葉あるのかな?)トイレ行きたい!とかぎりぎり!
になることもないので、ほんとに初めて。

いつも仕事帰りにスーパーに寄って帰るのですが、その日は後で考えれば1時間ほど
前に痛み止めを飲んでいてそれが効いて尿意促進(?)されてたのでしょう。
電車に乗っている時から、普段あまりないのに「あー早くトイレ行きたいー」という
感じでしばらく我慢してました。それから、定期の更新をするのに10分以上列に並び、
その頃から「いつもそんなにトイレ行きたくならないのに、今日はすごい行きたい!」
とだいぶ苦労して我慢してました。並んでいても、早く進まないかなと焦っていて、体が
ゆらゆらして。

かなり差し迫っているのに、いつも通り家のある出口と反対側のスーパーで買い物を
しに行きました。さっと済ませて早く帰ろうと思いながら。でもいろいろと買うものも
多く、しかも安売りになっているものがあると、つい「今日これを買って明日はあれを
作って…うーんどうしよう」などと主婦精神で考えこんでしまい、野菜など重いものを
次は肉を、という時になって、もうトイレに行きたくてたまらなくなりました。

普段と全然違うので自分でもびっくりしてしまい、2階にあるトイレに行こうと思う
のですが、このカートとカゴを置いていくわけにはいかないと思って、とにかく会計を
済ませなきゃ!と急ぎました。小さいスーパーなのでレジも少なく、待っている間にも
波が押し寄せてきて「くっ!」という感じで腰をひねり、足を曲げて必死で耐えてました。
どうして買い物をする前にトイレに行かなかったのか、それに、カートをすみのほうにでも
置いておいてトイレに行けばよかった、とものすごく後悔しながら、なんとかお金を払い、
もう足踏みしながら袋に詰めました。重い袋が二つもあり、それとショルダーバッグで
普段よりも大きい荷物になってしまいましたが、両手に持って階段を急いで上りました。
いつも利用しているスーパーなのにトイレに行くのは初めてで、売り場の端に
あるトイレを目指しました。ああこれでトイレにいける!と思ったのですが、トイレ
の外にある汚い長いす(?)のようなのを見て、「あ、ここのトイレって、もしかして
すっごく古い、汚いところんなんじゃ…?」といやな予感がしました。
その椅子に座ってタバコを吸ったり荷物を詰め替えてる人が2,3人いたのですが、
トイレの扉からして古ぼけた感じでした。(スーパー自体も古いことを忘れていた。)

新しいところなら、トイレの中に荷物置き場などいろいろありますが、いやな
予感をかかえながら駆け込んだトイレは、駅のトイレ並のところで、洗面所も
汚くて荷物を置くこともできません。
いくらなんでも食料品をこんな床に置くわけにもいかず、長いすに座っていた人に
見ててもらおうか、と一瞬考えましたが、何があるかわからないと思ってできません
でした。しかも、トイレには紙もなく、ショルダーバッグもかけられないので
荷物と一緒にカバンも外に置いてこなきゃならないのです。
目の前のトイレに行きたくてたまらないのに、荷物を抱えたままではどうしようも
できなくて、「我慢できない!」とパニックで、トイレを見たままあそこをぎゅうっと
押さえつけてこらえてました。
それから、家まで我慢するしかない!と決断し、飛び出して家を目指しました。
死に物狂いとはこのことだと思いますが、本当に必死で我慢していて…。マンションに
着き、エレベーターを待ちきれず階段を走るように登り、家の鍵を開けたときが限界
でした。ドアを開けた瞬間からトイレに駆け込むまで1秒くらいの間で、荷物と
コートをほうりだし、廊下もトイレも暗いままでトイレに座りこみながら漏らして
しまいました。立って下着を下ろしている余裕はない、と一瞬で判断したようで、
そのまま腰かけて長いおしっこを全部してしまいました…。
ほんとに信じられないことでした。自分が真っ暗に近いトイレで漏らしてるのが悪夢
のようでした。二度とあんな思いをしたくない、薬の副作用にも気を付けて、トイレ
は絶対早めに行かなきゃだめ、と改めて思いました。


おもらし社会人 | [2013-08-15(Thu) 14:31:41] | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

間に合わずお漏らし

この間喫茶店に入ったら向かいのテーブルに陣取っていた祖母、母親、お子様という
どうみてもDQNっぽいファミリーのもとにトイレから出てきた小三くらいの女の子が
駆け寄ってきた
母親が「あんた、間に合ったの?」と問いかけると女の子は「うん…」と浮かない顔をしながら
黒色のショートパンツの股の部分をしきりに引っ張っていた
下着の位置を直すというよりは濡れて張り付いた下着をはがそうとしている感じだった
ショートパンツに濡れた形跡はなかったけど、下着を降ろす前に堪えきれずにかなりの量の
オシッコが出ちゃったという趣旨のことを母親に話していた
母親は「だからトイレに行きたいときはすぐに『トイレ行きたい』って言いなさいって
言ってるでしょう」と少し強い口調でたしなめていた


おもらし小学生 | [2013-08-13(Tue) 14:31:11] | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

兄妹でトイレ我慢

先日スーパー内の花屋に花を買いに行ったら、小学校中学年とおぼしき兄妹がそろってオシッコ我慢して
もじもじしているのを見た
兄は小四くらいで、険しい顔をしながら右手でサカパンの前をつまむ→そのままぎゅーっと10秒くらい
押さえるの繰り返しで我慢の限界っぽい感じだった
妹は小三くらいで、柱の陰でくるくる回りながら左手でずっとスカートの前を押さえる仕草をしていたが
小生意気にも持っている手提げ鞄で押さえている様子を隠そうとしていた(でもくるくる回ってるから
遠心力で浮き上がった鞄からオシッコの出口を押さえている中指の様子までバッチリ見える)
買い物中の母親が戻ってくるのを待っているようだったが、まだ我慢の限界まで余裕があるっぽい妹は
「おかーさんまだかなーおそいなー」ともじもじしながら兄に話しかけていたが、兄は答える余裕もないくらい
せっぱ詰まっているのか、右手でちんちんを必死に握りしめながら足をバタバタさせて涙目になってた


我慢小学生 | [2013-08-12(Mon) 14:30:07] | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

お迎え待ち中にトイレ我慢

昨日の帰りにバス停でバスを待ってたら、隣の校区のジャージを着た少々野暮めの女子中学生がたたずんでた
同じようにバスを待ってるのか、それとも親の迎えを待ってるのかと思ってたら、妙にそわそわしてる
バス停の周りをウロウロしたかと思いきや、急に顔をこわばらせて太ももをクロスさせたまま固まったり、気をつけの
姿勢のままつま先立ちをしたり、つまさきをトントンしたり、ジャージのズボンをしきりに引っ張りあげたりと
かなり辛そうにしていた
そんな中でこらえきれないほどの尿意の波が押し寄せてきたのか、左手を股間に持って行こうとしたが
俺の方を見て手を持って行くのを止め、その場にしゃがみこんでかかとで股間をぐりぐりと押さえつけていた
少ししてから彼女は立ち上がって前屈みになりながら太ももをクロスした状態で固まっていたが、ほどなくして
やってきた迎えの車まで内股になりながらよたよたと歩いていき、車は走り去っていった

我慢中学生 | [2013-08-11(Sun) 14:28:26] | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

トイレ盗撮ものでのトイレ我慢

僕はトイレ物(本物のみ)をかなり観てきたが、
時々、前押さえの子がいる。結構若い子に多い傾向。
ほとんどの子がトイレに入った瞬間から押さえ始めるので、
当然人前ではしないよね。
トイレの前で待ってる時押さえは始めたのを下の隙間から撮った
ビデオを昔1回観たが、待ってた扉が開くと同時にあわててその手を
戻してるのに萌えた

我慢年齢不明 | [2013-08-10(Sat) 14:27:30] | Trackback:(2) | Comments:(0) | [編集]

電車が停車してしまい・・

休日の夕方、買い物をして電車で帰る途中に、降りる駅の少し手前で信号待ちになり
いつもは止まらないところで5分以上電車が止まってしまいました。
電車に乗る前から、かなりトイレに行きたくって我慢していたのです。買い物の量が
すごく多くて紙袋を5つくらい持ってたし食料品も少しあったので、駅のトイレ
(すごく汚い!)に入るのをやめて我慢してました。
降りる駅から家までは2分とかからないし、我慢できるだろうと思って電車の中に
乗ったら、電車の揺れのせいでめちゃくちゃ尿意が高まってしまいました。途中で
座席に座れてほっとして「あと一駅」と思ったところで、停車。

すぐに発車いたしますとアナウンスがあるのにぜんぜん動かなくて、焦りで震えそう
になりながらどうにか我慢してました。トイレに行きたいから早く動かしてください
って頼みたいぐらいで・・・。荷物を整理するふりをして身をよじっておさえつけて
ました。やっと電車が動いて、駅に着いたら荷物のことはあるけどトイレに行こう!と
思って、必死でトイレに向かいました。でも、同じように駆け込んでいく人が前に何人も
いて、とても待っていられないのがわかりました。
それで、自分のマンションの一階に共有トイレがあるから、そこなら!と思ってまた
急ぎました。ここまでトイレを我慢することは初めてというぐらいで、おしっこが
したいぐらいでこんなにパニックになるとは思いもしませんでした。
でもそのときは「漏れちゃう!」という思いでいっぱいで、使用したことのない
マンションのトイレにようやくたどり着いたら閉鎖。(防犯のため、最近はずっと
閉鎖していると後で知りました。)
それを見た時は頭が真っ白で、膀胱は破裂寸前という感じで・・・。
エレベーターに乗り込むと同時に座り込んで足でおしっこが出るのをくいとめ
ながら家の鍵をさぐるという、子供のような格好をしてしまいました。とにかく
漏らすのだけは・・・と必死でした。でも、限界でした。
よたよたと家の前までたどりつきましたが、鍵を開ける時点で「ああ!」と
口走ってしまいました・・・。我慢しつづけたのにぶわーっと出始めてしまったときの
感覚は忘れられません。反射的に手でおさえながら、トイレではなく玄関の
すぐ横のお風呂に飛び込み、あとはへたりこんで洪水という感じでした。
全部終わってから、あまりのことに泣けてきました・・・。
が、ここを見て正直、少し救われた思いで、長くなりましたが書いてしまいました

おもらし社会人 | [2013-08-09(Fri) 14:47:53] | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

お漏らししそうで漏らさない

私がまだ小学生だったころ。
同じクラスのMちゃんはトイレが近いのか毎日のように前押さえをしていた。
トイレ行けるタイミングがあってもくせになってるのかいつも前押さえして堪えていた。
ある日のこと休み時間になって外でみんなで鬼ごっこしてた時、Mはまたおしっこしたくなったのか前押さえしながら走ってた。
私が鬼だったので滑り台に上ったMを追い掛けて私も階段で上に上った。
普通ならMが滑り台で下に降りれば逃げれるだろうに、Mは動こうとせずしゃがんでかかとであそこをぐりぐりしながら必死に我慢していた。
多分我慢も限界だったのだろう。一歩も動けずただただかかとでぐりぐりあそこに押し当ててた。
逃げれるのに逃げないことを不思議に思われるのを必死で隠そうとして私に頑張って笑顔を見せた。
私も「おしっこ我慢してるの?」なんて言えなかったから肩に軽くタッチして「はい!次鬼ね~」と何も気付かないふりしてその塲を去った。
おしっこの波も落ち着いたのかまたMは前押さえしながら鬼ごっこを続けていた。

Mは毎日前押さえしてたけど漏らしたのは見たことがない。
ある意味すごいなぁと思う。
休み時間もぎりぎりまで我慢するし、教室にいるときは机の角にあそこをあてて体重かけて、しかめっつらになりながら頑張って我慢。
おしっこ行ってくれば?とか言うと、ううん、違う大丈夫!と言ってるのに、チャイムが鳴る直前にあそこを強く押さえてトイレに走ってた。
中学に入るとさすがに直接前押さえ出来なくなったのかスカートのポケットに手を入れて前押さえしていた。


我慢小学生 | [2013-08-09(Fri) 14:27:23] | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

生徒よりも先生の方がトイレに行きたいのに

私小学校教員だから、一日2,3回そういう光景見てる。
最近の子は、必死に我慢することがないからね…
でも一応、授業中には足踏みして股間を押さえながら
「せんせ、トイレ、トイレ行っていいですか・・・」
ってききにくるよ。

それを見てる私の方が実はとんでもなく尿意をこらえてることが多いのに
教員は行けないんだ…。時間もないし、ゆっくりトイレに行く暇がほんとに
ないから。
帰りの会で歯をくいしばるほどトイレ我慢していて、さよならと子供に
挨拶してすぐ、廊下から職員トイレ向かって小走りで駆け込んでいく…。
いつか絶対漏れる。


我慢社会人 | [2013-08-08(Thu) 23:53:47] | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

担任の先生がトイレ我慢

小6の時の30才くらいの担任の先生がよく授業中にオシッコ我慢の限界になってトイレに駆け込んでいました。
トイレは廊下をへだてて教室のすぐ横にあったのでシャーシャーと音を立てて聞こえてくる先生のオシッコの音は強烈でした。

きれいな先生の表情がこわばってきて、おしっこ我慢を紛らわすために少し足を踏み鳴らして、「問題○○をといてくださーい」
というパターンなのでいつも興奮しちゃいました。

先生は僕たち全員と「交換日記」をしていたので、休み時間も交換日記の返事を書いてくれていて、オシッコに行けなかったようです。
今でも興奮しちゃいます・・・


我慢社会人 | [2013-08-07(Wed) 23:53:02] | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

おしっこを我慢しながら踏み切り待ち

また電車に乗ってるときの話で恐縮だけど、この間出張中に車両点検か何かで
ダイヤが乱れてて、乗った列車は「降りて歩いた方が早いで」的なだるい走りっぷりを
披露してました
まあ行きじゃなくて帰り(しかも直帰)だから遅くなってもいーや、と思いながら
ドアの前に立ってぼーっと景色を眺めていたら、もう止まるんじゃないかという
くらいに速度を落として踏切にさしかかりました
そこで目にしたのは黒のプリーツスカートの上から両手でお股をぐいぐい押さえて
泣き顔になっている制服姿の女子中学生でした
列車は車輪をきしませながらほとんど停止するまで速度を落としていて、窓越しに
女子中学生と目が合うと、彼女は相当に焦った表情をしていましたが、手を離すと
ほんとにもうオシッコが出そうなくらいせっぱ詰まっていたのか、顔を真っ赤にして
うつむきながら「休め」のときのように足を開いて両手でお股を必死に押さえてました
彼女は列車がいつ動き出すのか気が気でないようで、しきりに踏切越しに右左を
のぞき込みながら体を上下に揺すってましたけど、先に列車の方が動き出したので
問題の踏切からはあっというまに遠ざかっていきました
あの場所だったら何時間でも止まってくれてよかったのに


我慢中学生 | [2013-08-06(Tue) 23:51:54] | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

塾帰りの女の子

この間帰りがちょっと遅くなって普段乗らない準急に乗ったら塾の講習から帰る途中の小学生で
溢れかえってましたorz
ウボァーと思いながら電車に揺られていると「どうしよう、すっごいトイレしたい」という天の声が!
そちらを見ると白のTシャツにベージュの綿パンツを履いた小5くらいの女の子が、おでこに
深いしわを刻んで苦しそうな表情を浮かべてました
前押さえこそしてなかったけど足を上げたり下げたり、時折しゃがみこんでかかとで股間をぐりぐり
したり、その場をぐるぐる回ったりして全身で「オシッコ漏れそう!」と表現してました
最寄り駅に着く直前になると前の方で組んでいた両手をそのまま股間にもっていき、がっちりと
力強く前押さえした状態で尿意に耐えていたようでしたが、駅に着くや否や猛スピードで駅のトイレへ
駆け込んでいきました


我慢小学生 | [2013-08-05(Mon) 23:50:47] | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

お迎えを待つ間トイレ我慢

駅でお迎えを待ってる女子中学生ってオシッコを我慢してる場合が多いんだな
今日見たのは身長175cmはありそうなセミロングの子で、その地域では可もなく不可もない
平均的とされる私学の制服を着てたんだけど、時々険しそうな表情を浮かべながら
足踏みしたりつま先をトントンさせてせっぱ詰まった尿意と戦ってたけど、すぐに
お迎えの車が来たらしく、ダッシュでワンボックスカーの元へ駆け寄って足踏みしながら
ドアを開け、右手で一瞬だけあそこを押さえて車に乗り込んでいった

その直後に「もう我慢できない、出ちゃう」とべそをかいてる声が聞こえたので
そちらを振り返ると、中高一貫の女学校の制服を着た身長150cmもないような
女の子が左手で前押さえしながら一緒にいた友達に訴えてた
友達は「そこにトイレあるから早く行ってきなよ」みたいなことを話していて、
オモラシ一歩手前の子はスカートをたくし上げるようにしてスカートの中から
前押さえを始め、そのままの格好で駅前の公衆トイレまでヨタ走って行った
しばらくしてトイレから出てきたけどしきりにスカートの前の方を鞄で隠して
靴下もなぜか脱いでる状態で、友達の「大丈夫だった?」という問いにも
生返事しか返さなかったところからすると間に合わずに相当な量のオシッコを
ちびったようだった


我慢中学生 | [2013-08-04(Sun) 23:49:35] | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

ワンピースにしみこむおしっこ

小学校の頃、近所の団地の友人と遊んでいたらきまって二つ下の学年の女子がついてきてた
今から考えるとちょっと頭の緩い子で何をやらせてもトロくさく、皆に黙ってついて行くだけの子だった
夏のある日にいつもの通り友人と遊んでいるとどこからともなく彼女が現れて近所の池まで
オタマジャクシ取りに行ったんだけど、彼女は団地を出発するときからオシッコ我慢体制に入ってて
「○○(自分の下の名前)、オシッコもう出そう」とか「もれるー、オシッコもるー」とつぶやきながら
足を交差させ、右手でずっと前押さえしていた
自分をはじめ友人たちは殆どが小4くらいだったので、悶えてる彼女に「家帰ってションベンしてこいよ」
「(手近な茂みを指さして)そこでションベンしてこいよ」「もう漏らせ」「団地に帰るまで我慢しろ」とか
言いたい放題で何の手も打たず、近所の池で小一時間ほどオタマジャクシ取りに没頭した
あー楽しかった、大漁だぜと言いながら団地に戻ってくると、友人の誰かが「○○(彼女の名前)、
お前ションベンどうしたんだよ」と話題を振ってきた
皆その時点で彼女がオモラシ寸前だったことを思い出して「間に合ったのかよ」「漏らしたのか?」
「いやお前急にしゃがみこんで静かになったから漏らしたんだろ」と彼女を糾弾した
彼女は涙目で「違うもん、○○(自分の下の名前)オシッコしてないもん」と主張するけど、どうみても
白のワンピースには薄黄色のでっかいしみができてるし、太ももやふくらはぎには盛大にオシッコが
伝った跡が残っていた

そこで友人の一人が言い出したことは「漏らしてないって言うならパンツ見せてみろよ」
皆興奮して「そうだパンツ見せろよ」「漏らしてないんだったら濡れてないよな」と口々に言いだしたが
頭の緩い彼女は近くにあったコンクリートブロックに腰を下ろし、何のためらいもなく「ほら」と言って
オシッコのシミができたワンピースの裾をめくり上げた
フロント部分にキキララのプリントが入ったパンツがあられもなく披露されたが、漏らしたときに
前をずっとおさえていたせいかプリントの入った部分までオシッコがしみこんで、半分乾きかけの
状態になっていた
「なんだよそのシミ!」「パンツ真っ黄色じゃんか!」「やっぱオモラシしてんじゃねえか」と怒号が飛び、
お前ちょっと足開いてよく見せてみろよ、と誰かが声を上げた
彼女は泣きべそをかきながら「○○オモラシしてないもん、これ汗だもん」と訴え、ワンピースを胸まで
たくし上げながら股を開いた
股の部分はまだオシッコがしみこんでいてびしょびしょの状態だった
「これションベンだろ」「絶対オモラシだよな」「二年にもなってはずかしー」とはやしたてると、彼女は
立ち上がり、違うもん、オシッコじゃないもんと泣きながら訴えていたけど、彼女が腰を下ろしていた
コンクリートブロックにはオシッコのシミが綺麗にうきあがっていたし、パンツのお尻の部分はこれまた
全面が薄黄色に染まっていたのだった

で、「ションベンしたいんなら家帰ってトイレで済ませろよなー」「もう漏らすなよなー」と言いながら
皆揃って彼女の家に行き、彼女の母親に「○○ちゃんオモラシしたみたいだから」と言って後始末を
頼んだのだった


あれから二十年以上経ったけど、彼女が開脚してオモラシパンツを皆に見せたコンクリートブロックが
未だ同じ場所に存在しているのを見て、なんか複雑な気持ちになった

おもらし小学生 | [2013-08-03(Sat) 23:47:57] | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

ポケットの中から前押さえ

今日暑い中外回りに行ってきた帰りに駅へ歩いていたところ、十メートルほど先に女子中学生が歩いているのを見た
最近はやりの半袖ポロシャツに膝丈のプリーツスカートに身を包み、セミロングの黒髪が印象に残るけど体格は
まだ小学生っぽい感じの子だったけど、歩く速さが尋常じゃないくらい早い
しかも歩きながらスカートのポケットを探って携帯か何かを取り出そうとしている
真っ昼間から変質者扱いとはたまらんなあ、と心の中でぼやくと、彼女は携帯がなかなか取り出せないのか、一瞬
立ち止まって前屈みになってポケットの中をごそごそまさぐっていたが、携帯を取り出さずにポケットの中に手を入れたまま
えらくゆっくりと歩き始めた
こちらはずっと同じペースで歩いているので次第に彼女との距離が詰まっていき、一体何がしたいんだこいつはと
不審に思っていると、またポケットの中を必死にまさぐっている
彼女を追い抜こうとした時点で、謎はすべて解けた
まだ中1くらいの幼げな顔には焦りの表情がはっきりと読み取れ、ポケットの中に入れられた左手は携帯を探しているのでは
なく、漏れそうなオシッコを押しとどめるために必死に前押さえをしながら家へと向かっているところだったのだ
ああそうか、それで歩く姿勢も何となく前屈みで立ち止まったときに腰をもぞもぞと動かしてたんだなと合点がいき、彼女を
追い越した後に後ろをふりかえると、異様にでかいマンションの入り口へ早足で入っていく彼女の姿が見えた
いよいよ尿意がのっぴきならないところまで迫ってきたのか、やっと家にたどりついてオシッコできるという安心感かは
知らないが、どうも私が追い抜いた後にスカートの上から直接前押さえをしていたようで、茶系のチェック柄があしらわれた
プリーツスカートには「さっきまで前押さえしてました」とわかるシワができていて、全体重をかけるがごとくドアを押し開ける
ときに、少しちびったのか尿意の波が押し寄せてきたのか、「いけない!」みたいな表情で左手をスカートの前にあてがい
ながら、彼女はドアの向こうへ消えていった

我慢中学生 | [2013-08-02(Fri) 23:47:31] | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

少女のお漏らし

今日はコンビナートで有名なある都市まで日帰り出張だったけど帰りにいいものを見た
駅で列車を待ってると向かいのホームでTシャツと三分丈のジーンズに身を包んだ
小学校高学年くらいの女の子が立ったりしゃがんだり
しゃがんでるときはかかとでアソコを押さえ付けてるし立ってるときもジーンズ引っ張り
上げたり左手で膀胱のあたりをしきりにさすりながらウロウロしてるのでオシッコ我慢中と
確信した
反対のホームから見ていると近くのベンチに座って手提げ鞄から単行本らしき本を
取りだして読み始めるも太ももはぴったりと閉じられ膝は不規則にガクガクしていて
相当我慢している様子
大きな波が来るたびに体を前に折り曲げたりよじったりしながら左手で必死に前押さえ
そうこうするうちに自分が乗る列車がやってきたので泣く泣く乗り込んで指定席に
座ったら、窓越しにオシッコ我慢中の女の子の姿が見えたけど、ベンチからはポタポタと
滴がしたたり落ちホームには大きな水たまりができていた
ガクガクしていた膝のうごきもぴたりと止んで両足ともつま先立ちのような格好になって
いて、左手はぐしょぐしょに濡れたジーンズの股間をぐっと押さえたままだったけど、
彼女は目に涙をいっぱい浮かべながら右手だけで本を読んでいた
あのあとどうやって家まで帰ったんだろう

おもらし小学生 | [2013-08-01(Thu) 23:46:02] | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © おもらしインフォメーション All Rights Reserved. Powered By FC2.
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。