FC2ブログ

新着情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | [--------(--) --:--:--] | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

野外でオシッコ、その後は・・

私たちは外でオシッコした時、紙でアソコを拭いたりしなかったんだよ。
なぜかというと、時間が経てばオシッコは地面にしみ込むけど、ティッシュは残っちゃうでしょ?
それって恥ずかしい事だと思っていたんです。
ですのでオシッコした後は、すぐに下着をはいたりしないでそのまましゃがんだ状態で
お尻を上下に3~5回(多い子は7~8回)振ってから立ち上がって下着をあげます。
しゃがんだままお尻を振って何をしているのかな?といいますと、自然乾燥(笑)。
今考えればそんなお尻を振った位で乾くはずないって思うけど当時はみんなオシッコの後お尻振ってました。
それが私たちの常識だったんだよ。
だから、おっしゃるとおり(古い言い方・・笑)女の子の下着はオシッコの匂いがしていました。
肩車したり馬飛びしたりして友達のアソコの近くに顔がくるとオシッコの匂いがするんです。
みんなブルマをはいていたので(私の学校の女子は体育でなくても常時ブルマをはいてました)
下着のシミは見えなかったけどおそらくシミとか黄ばみがついていたんだと思います。
だって私の下着はシミとかついていたもん。
小学生の頃って例え紙で拭いてもササって拭く程度の子がほとんどだと思うから、
下着がオシッコの匂いしてた子って多かったと思います。
外で友達がオシッコした後お尻を上下に振っている光景って、とてもおもしろくて滑稽でした。
今でもあの光景が思い出します。
って言ってる私がお尻振っている姿を友達は見ていたんですね。恥ずかしいよぉ。


野外小学生 | [2012-05-31(Thu) 23:09:13] | Trackback:(1) | Comments:(0) | [編集]

小学5年の集団野外オシッコ

私が小5の夏休み(変なおじさんと遭ってから3ヶ月後)いつも一緒に遊んでいた女の子5人と
オシッコの見せっこをするようになりました。きっかけは小学校で遊んでいて
(夏休み中で学校のトイレ使えなかった)
私がオシッコをしたくなってアソコを押さえてウロウロしていたら友達の愛美ちゃんが
「陽子ちゃんオシッコしたいの?私もオシッコ。一緒にしに行こう」って。
2人で体育館の裏に行って女の子の連れション(笑)。
数日後、また同じメンバーで遊んでいる時愛美ちゃんが「陽子ちゃんのオシッコ凄い音がして凄い飛んだ」
って余分な事を(笑)。
それが話題になり「誰のオシッコが1番飛ぶかな?」ってことになって。
(バカな女の子達(笑))そして順番にオシッコをする事になりました。(実話だよ)
みんな結構勢いよかった。
その頃から他の女の子のオシッコに興味持ちました。
その頃の女の子ってアソコにティッシュが付いていたりしてました。
みんな結構エッチな音させてオシッコしてました。
小6の卒業まで何度もオシッコの見せっこしてました。
男の人、信じてくれないかもしれないけど女の子のオシッコって凄く飛ぶんですよ。
その子達との事まだ色々ありますが(1冊の本になる位の話があるよ(笑))こういう内容では、いけないかも
しれないのでこの辺で。


野外小学生 | [2012-05-31(Thu) 23:08:37] | Trackback:(1) | Comments:(0) | [編集]

飛ばしっこ

私には、Aちゃんという同級生の従姉妹がいます。
彼女とは、夏休みになるとよく一緒に遊んだりしていたため、Aちゃんの排泄シーンはよく見ていましたが、
よく覚えている思い出の一つです。
小学校4年の時の事でした。
Aちゃんと公園で遊び、家に帰る途中私はオシッコがしたくなったため、Aちゃんに「オシッコしたくなっちゃった」と彼女に言うと
「私もしたくなった」というので、
私が「どっちが高く飛ばせるか競争しない?」というと
Aちゃんは「いいよ」との事で、二人で何処かの家の塀(ブロック塀)で高さを競争することになりました。
私は、なるべく高く飛ばすためチンチンを上に向けオシッコしました。
私が終わる頃、Aちゃんは、パンツを膝まで下ろししゃがむ所でした。
Aちゃんは、腰を高くあげ、股を大きく広げ中腰の態勢でオシッコをし始めました。
Aちゃんのアソコから、勢いのよいオシッコがブロック塀にあたっていました。
今考えるとそんなことはないだろうとは思いますが、そのときの勝敗は、Aちゃんのほうが高かったと思います。
それほど、私の印象ではよく飛んだ記憶があります。


野外小学生 | [2012-05-30(Wed) 23:08:13] | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

後ろに誰かいる!

中学生の頃、下校中のおしっこ我慢は、ほとんど日常茶飯事でした。
だから、家に帰ってすぐトイレに駆け込むことも少なくありませんでした。
別に中学校で済ましてくることも出来たのですが…我慢するのが少し気持ち良かったのです。
寒い冬の日でした。
その日もいつものようにおしっこを我慢しながら家に帰ってきたのですが、なんとドアが開かないのです。鍵がかかっているようです。
「うそ…」
そう思った途端、尿意はさらに大きくなり、少しやばい状態に追い込まれました。さすがにおもらしはしたくなかったのです。
「あぁ…もれちゃう…」
そう言いながら、私は前を押さえながら足踏みを始めました。
お母さんはいつ帰ってくるかわからない。近くに公園などは無い。
そう考えると、もう選択肢は1つしか無かったのです。
私は、急いで階段を下りて、自転車置き場まで来ました。
そして、人が誰もいない事を確認してから、しゃがみこみ、スカートをまくりあげ、
履いていたパンツとブルマーを一気に脱いだと同時に、おしっこが出始めてました。
「ふぅ…」
間に合った安堵感で、私はホッとひと息つきました。
その時です。後ろに誰かいるのを感じたのです。
驚いて後ろを振り向くと、確かに男の人がすぐそこにいたのです。
私はどうしていいかわからず、とにかくその場から逃げるためパンツとブルマーを履きました。
が、まだおしっこの途中で、パンツとブルマーはびしょぬれになってしまいまい、
結局、おしっこがまだ出続けている中、不自然な格好でその場から立ち去りました。
お母さんは、その2分後に帰ってきました…。


野外中学生 | [2012-05-29(Tue) 23:07:42] | Trackback:(1) | Comments:(0) | [編集]

小学はいい!

小学五年ぐらいの時の話です。
その日は、よく遊ぶ女の子二人と小学校に来ていました。
一人の方は、背が高くガッチリしていてもう一人の方は普通のなかなかかわいい子でした。
さて、話は本題に移ります。
その日は遊具をたくさん利用して4時間ぐらい遊んでいたと思います。
ブランコ、滑り台、シーソー・・・ etc
シーソーの時なんかは、二人のパンチラとか見えてもう最高でした。
しかし!この後もっと最高な事が起きるとは思ってもみませんでした。
そろそろ帰ろうかと言うときかわいいほうのYが「わたしおしっこしたくなってきた」
と言うともう一人のKも
「私もずっとしたかったんよ」
すると二人はそんなに陰にもなってない木の下でYはスカートをまくしあげ、Kはキュロットをさっと脱ぎ
おしっこシャーを始めたのです。
僕はかなりみたいと思ったけど「後ろを向いておこう5年だし」
と思い欲を押さえました。
するとYが
「Y(ぼくもYです)もやりなよ。」
という声をかけてくれたのです。すかさず僕はズボンをおろし
何故か彼女たちと同じ格好で、やらせてもらいました。
するとYが、「私らの見てええから、Yのも見してな」
といい、ぼくはもちろん断らずに
3人でおしっこが終わってもずっと見せ合いを10分ぐらい続けていました。
Kのおまんまは、体と同じで大きくYのほうは、ちっちゃくて赤いかわいいおまんまでした。
どちらも無毛でしたので、ろり×2のぼくには最高級でした。
もうこんな体験はないと思うと、「人生小学時代が何度も繰り返されればいいのに」
と思います。 思いません?


野外小学生 | [2012-05-28(Mon) 23:06:24] | Trackback:(1) | Comments:(0) | [編集]

夏休みの盆踊りで

もう昔のことですが、私が中学3年の時でした。
夏休みの盆踊りでのことです。
私は小学4年の弟と一緒に盆踊りの会場に来ていました。
中心には櫓が組まれ、威勢のいい太鼓の音と共に踊りの輪が出来ていて、
会場のまわりには多数のテキ屋さんの屋台が出てにぎわってました。
弟が「わたがし」の列に並んでいる間、
私はちょうど屋台の切れ目になっているい近くの植え込みの所で待っていました。
その時、スカートの上から股間を押さえた小学4~5年の女の子が、こちらに歩いてきました。
私は(あの子オシッコ我慢してるんだな)と思ってその子を目で追ってました。
その女の子はどんどんこっちに向かって歩いてくると、
何と私の1メートル横までやってきました。
と、その瞬間パンツを膝のあたりまで降ろすと、
腰を少しだけかがめて繁みに向かってすごい勢いでオシッコをはじめたのです。
まさかの光景に私はあっけにとられてしまいました。
きっと私のいた場所が大きな木の下の屋台の列のくぎれめで、
まわりよりも少し暗くなっていたのでしょう。
その子は、勢いのいいオシッコが終わったとたんにパンツを上げると、
さっさとどこかへ行ってしまいました。
生まれてはじめて見た女の子の立ちションでした。
あっという間の出来事でしたが、今でも脳裏に焼き付いてます。


野外小学生 | [2012-05-27(Sun) 23:05:45] | Trackback:(1) | Comments:(0) | [編集]

見ちゃダメ

小さい頃、近所の女の子と外でおままごとをしてあそんでいた時のことです。そ
の途中で,女の子が急にあそこを押さえてもじもじしたかと思うとその子の家の玄関に
向かって走り出しました。
しかし、家はカギがかかっていて中にはいることはできません。
その子はいよいよがまんができなくなって足踏みをしたかと思うと
「庭の隅っこでしてくる」といって走って庭の方に行ってしまいました。
僕はちょっとしてから後をつけると、ちょうどその子がおしっこをしている途中で、
その様子を正面から見てしまいました。
その子は、僕が覗いていることに気がつくと、「見ちゃダメ」といっておこったので、
その場からすぐに逃げましたが、その時初めて女の子のおしっこが前に飛ぶことを知りました。
この子と遊ぶようになってからおしっこに興味が芽生えたのだと今にして思います。


野外小学生 | [2012-05-27(Sun) 23:05:19] | Trackback:(1) | Comments:(0) | [編集]

初詣

正確な日時は憶えておりませんが、約17、8年前の正月、川越・喜多院に初詣にいった時の事です。
時間は午前中で境内は大勢の人で賑わい、当然仮設トイレも長蛇の列でした。
自分も小用を足すべく列に並んでいたところ、小学4,5年位の女の子(顔は並)が列の横に
トコトコ小走りでやってきたかと思うと、スカート(だったと思う)を捲くり
パンツを下げてしゃがんでオシッコをし始めたのです。
位置的に丁度自分の斜め前で、股間から玉砂利にむかって放たれる小水がはっきり見えたのを憶えています。
ただ何分自分も子供だったため、興奮云々より呆気にとられたのも憶えております。


野外小学生 | [2012-05-26(Sat) 23:04:54] | Trackback:(1) | Comments:(0) | [編集]

同級生の野外排尿

もう6~7年前になりますが、今でも鮮明に覚えております。
その当時、私は関東の職場で働いてましたが、毎年、ゴールデンウィークやお盆や正月の長期休暇になると
車で中国地方の実家まで帰ってました。
高速道路は毎年のように渋滞しますが、その日は途中の事故もあいまってかなり長い時間、
全く動かなかったのを覚えています。
私自身、そうとうイライラしながら待ってたのですが、そんな刹那、私は貴重な目撃者となってしまったのです。
私の2~3台前に止まっていたライトバンの扉が開いたと思ったら、白いタイトスカートをはいた、
茶髪のおねーさんが飛び出してきました。
(けっこうスレンダーな女性でした・・)
その後、車は路肩に横着けするように停まったのですが、女性は周囲を慌てたように見渡して、
もはやどこにも身動きとれないと観念したのか、その場にしゃがみこみました。
女性は私から見て横を向いてたように思いますが、ほとばしる尿が見えたのを記憶しております。
ひじょおおおおおおおおおおに、
長い時間放尿しておりました。凄い勢いで凄い量でした。
そしてなんとも長い時間!そうとう我慢していたんだな・・とかわいそうにも思いましたが
何やらすごく貴重なものを見せていただき、すっかり満足でした。
女性はすごく細身な感じでしたが、今でもその尿の勢いと量と放尿時間は忘れられません・・


野外社会人 | [2012-05-26(Sat) 23:04:05] | Trackback:(1) | Comments:(0) | [編集]

立ったまま

私は、学校の帰りオシッコを我慢しながら運転 していました。
でも我慢が出来なくなって、とっさに車を通りかかった公園の駐車場に入れトイレを探 しました。
しかし、見つけたトイレには「工事中の為、ご迷惑をおかけしています」の非情な看板。
せっぱ詰まっていた私は、もう我慢が限界に達していたので、その場でスカートを捲り上げパンツを下 ろすと、
立ったまま勢い良くオシッコをしてしまいました。


野外大学生 | [2012-05-23(Wed) 23:03:28] | Trackback:(1) | Comments:(0) | [編集]

先生

小学校3年の遠足の時だったと思います。
帰りのバスが渋滞に巻き込まれ、2時間ほどのろのろ運転がつずきました。
当然女の子たちの中には真っ赤な顔でもじもじし始める子もでてきました。
後少しで学校に着くところでしたが、先生(26歳ぐらい、岩崎宏美似)が見るに見かねて
近くに人気のない林のあるところで休憩をとりました。
僕も結構貯まってたので、バスを降りると林の奥の土手に向かって走ってゆきました。
随分長い時間かけてすっきりして辺りを見回すと後ろの方に人の気配がします。
だれかにみられてたかなー と思い、とっさに身を沈めると、見たことのある臙脂のジャージがめにはいりました。
どうやら先生のようです。こちらには気づいていないようでしたが、まずい気がして立ち上がろうとしたとき、
先生がいきなりジャージとぱんつを膝までおろし、すごい勢いでおしっこをし始めたのです。
ぼくの視線は、すごい勢いのおしっこと、その上の黒々としたあそこに釘ずけになっていました。
やがて深いため息をつくと、あそこもふかずにジャージをあげると、バスの方へ小走りに戻っていきました。


野外社会人 | [2012-05-22(Tue) 23:02:15] | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

ゆきちゃん!!来た!

近所の小学生の女の子の話。
私の家の近所に、ゆきちゃんという5年生の女の子がいます。
ある日、彼女が、友達と二人で帰ってきました。
でも、お母さんはおでかけのようで家にはだれもいません。
「えー!!」と、困った表情のゆきちゃん。どうやら、カギはもっていないようです。
でも、困った理由はそれだけではなさそうです。
ドアの前で、モジモジもじもじ・・・。
「あああ どうしよぉ・・・」といいながらもじもじしてます。
でも、5年生にもなって、あそこに手をあてて、おしっこをがまんするのが恥ずかしいのか、ときどき、
手をあてているものの、その場でしゃがんでしまいました。
友達の女の子が「だいじょうぶ?漏れそう?」と聞いているようですが、
「うん。・・・」といったきり黙ってしまいました。「ぁああ 早くぅ」とときどき、お尻をゆすったりしていますが、
なんとかお漏らしせずにがまんしています。
15分くらいそうしていました。しかし、もう、どうにもこうにも、がまんができなくなったみたいです。
「もうだめぇ。 00ちゃん、見張っててっ!!」というと、彼女のアパートの脇の側溝に、かけこんでいきました。
側溝をまたぐと、ミニスカートを少しまくりながら、周りをきょろきょろ・・・・
「ゆきちゃん!!来た!」友達の声にびっくりして、スカートから手を離し、もじもじしています。
人の気配がなくなって、またスカートに手を入れ、今度はパンツもおろしました。
さっとしゃがみこむと、ほぼ同時に
「じゃあああああああああああああああああああ」っとすごい勢いで、放尿開始。
よっぽどがまんにがまんしていたのか、すごい量のおしっこでした。途中「はぁ」とため息をつきながら、
やっと、おしっこ終了。
すばやくパンツをはいて、もどってきた10秒後くらい、なんと、お母さんが帰ってきました。
あと1分がまんできたら、あんな、恥ずかしいことしなくてもよかったのに、どうしようにもなかったのでしょう。
お母さんに、「なんで、早く帰ってきてくれなかったのー」と、ブーたれておりました。


野外小学生 | [2012-05-21(Mon) 23:01:29] | Trackback:(1) | Comments:(0) | [編集]

お風呂場でおしっこ

それは私が小1の頃の出来事でしたでしょうか。
お盆休みを利用して従姉妹の家に遊びに行った時のことです。
私は、1つ年上の従姉妹を実の姉のように慕っていました。
従姉妹が友達の家に遊びに行く時も、私は付いて行ってしまう有様で、周囲の人が呆れるほどでした。
ある日、いつものように夕方2人で一緒にお風呂に入っていた時のことです。
2人が湯船に浸かっていると、従姉妹が突然立ち上がって、
「おしっこしたくなっちゃった」と言うのです。
私はてっきり、風呂から出て急いで体を拭いてトイレに駆け込むのかと思っていたのですが、
従姉妹は大胆にも浴槽の淵に片足を置いて、もう片足を浴室に置いてあった洗濯機に置いたのです。
私は一瞬何をするんだろうと思っていたその時、
従姉妹のワレメから一本の滝のようなおしっこが勢いよく放出したのです。
その流れは、少しも乱れることなくまっすぐ下に落ちていきました。
私は、お風呂場でおしっこなんかしようものなら、親から殴られたことがあったので、
「お風呂場でおしっこしちゃいけないんだぞ~」と言いましたが、既に終った頃でした。
従姉妹は、別におしっこ我慢していた訳でもなしに、お風呂場でおしっこしたように記憶しています
。だとすれば、私に女の子のおしっこを見せたいがためにこのようなことをしたのかなぁ・・・と思っています。
事実、この事件で初めて、女の子のおしっこの出方を見てしまいました。
もう従姉妹を仲の良い友達という関係でなく、一人の女の子として見るようになっていったのもこの頃からでした。
この日以来、女の子のおしっこに興味を持って現在に至っていると言っても過言ではないと思っています。


野外小学生 | [2012-05-20(Sun) 23:00:32] | Trackback:(1) | Comments:(0) | [編集]

彼女の野外放尿

先日、彼女とドライブに行った時のことです。
車の中で、彼女が急に「おしっこしたくなっちゃった」とモジモジし出したのです。かといって、走っているところは山の中。
なかなかトイレは見つかりませんでした。(得てして、こんなときに限って、こんなもんですね)
そうこうしているうちに、彼女の顔から脂汗が出てきて、全身ブルブル震わせてきました。
そして彼女は、ついに車の中で“ジャーッ”と…ではなくて(もとい(^^ゞ)、
「早く車止めて」と言い、車を止めると、彼女はドアを開けて一目散に草むらに走っていきました。
僕も暇でしたので、彼女の後を追っていきました。
彼女はパンティーを下げてしゃがむなり、“シャー”と音を立てておしっこを始めました。
結構、ドキドキするもんですね。
普段から彼女のおしっこシーンは見なれているはずですし、
Hの時も放尿プレイは欠かさないのに、こうやって覗き見するのも、なかなかいいもんですね。
結局、見られているのを彼女にバレてしまい、
「もう、見たいんなら見せてあげたのに」と、言われちゃいました。


野外社会人 | [2012-05-19(Sat) 22:58:02] | Trackback:(1) | Comments:(0) | [編集]

人妻の立ちション!

先日深夜、カラオケボックスに行った帰りに、偶然女性の立ちションを目撃
してしまいました。
その女性は一見人妻風でした。
器量の悪い女性ではないとでもしておきましょう。
カラオケボックスから出て歩いていると、その女性はヨットハーバーの建物
付近であたりを見回しながら、うろうろしていました。
しばらくそのあたりをうろうろしていましたが、急に慌てた様子でヨットハーバーの方へ
走って行きました。
私は「あの人は何をしようとしてるんだ・・・?」と考えていたら、その女
性はミニスカートを捲り上げて、下着をひざまで下ろしたかと思うと、そのまま立ったまま
放尿していました。
女性のオシッコは見事な弧を描き、水面へ落ちて行きました。
女性は股間を拭かずにさっさと身繕いをして、黒のワンボックスに乗って走り去って行きました。
私がその女性の立ちションの跡へ行ってみると、オシッコのほとんどは
水の中へ落ちてしまいましたが、少量のオシッコが、岸壁 の縁に残っていました。
女性でも、頑張れば立ちションができるんですね・・。


野外社会人 | [2012-05-18(Fri) 22:53:05] | Trackback:(1) | Comments:(0) | [編集]

墓参り

30歳くらいの女性が某所に墓参に来ていました。
その女性はそこに着いてからずっと我慢していたらしく、何かおちつかない様子でした。
しばらくすると(30分くらいでしょうか)、その女性はとうとう我慢しきれなくなったのか、
倉庫の裏でしゃがみこみ放尿を始めました。
するとその女性の娘が、「ママ何してるの~?」と言いました。
女性は「こっちこないで~~~」と力無さそうに言っていました。


野外社会人 | [2012-05-17(Thu) 22:52:18] | Trackback:(1) | Comments:(0) | [編集]

遠足帰り

去年の秋頃、遠足帰りの女の子が泣きそうな顔をして走っていくのを目撃しました。
その子は家に着いたけど鍵がかかっていたらしく股間を一生懸命押さえながらインターホンを何度も押していた。
我慢の限界が来たらしく、アパートの階段近くまで行くとスカートをまくり上げブルマとパンツをおろし、
その場にしゃがみ込んでおしっこをしていた。
しかし、私が居ることに気づくとおしっこの途中で急いでパンツとブルマを上にあげたがおしっこは止まらなかったらしく
ブルマの中からポタポタと落ちてきた。
その子は泣きながらハンカチでブルマを拭いている姿が印象的だった。


野外小学生 | [2012-05-16(Wed) 22:15:46] | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

車の陰で・・

昔,デート(ドライブ)中に隣の彼女がもじもじし始めたのを発見
「トイレに行きたいんだろうなあ」とわかったんですけど,言い出すまで気づかない振りをしていました。
しばらくして,見た目にも結構せっぱ詰まってきたように思えましたが,
まだトイレとは言い出しませんでした。
そこでおもらしさせてやろうと思い,わざと渋滞の名所である道路へ向かい,
思った通り渋滞の嵐の中に入ってしまいました。
彼女は「いつもここは渋滞するのよね」などといっていましたが,
知らんぷりで渋滞の中で車を進めていました。
かれこれ20分くらい経ったとき,とうとう「トイレに行きたいなあ」といいだしたので,
「もう少し時間がかかりそうだな,まだ大丈夫だよね?後どのくらい我慢できるの?1時間?」
と聞いてみると,もう本当に余裕がないのでしょう,
「1時間も我慢できないわよ」,
「じゃあどれくらい?30分?」。
「ううん,5分!それも無理かもしれない」,
「だったら早く言ってよ」などと気づかなかったふりでいじめていましたが,
とうとう助手席で硬直状態となってしまいましたので,
いつも行くボウリング場があったのでそこに入りました(ここでトイレに行く予定にしていました)。
駐車場に入り「トイレにいっといでよ」,
「もう動けない」,
「でもここで漏らすなよ」などとさらにいじめていましたが,
「行くまでに漏れちゃうかもしれないけど,行って来る」と車を降りて10m位歩いていったところで
動けなくなってしまいました,
ちょうど壁際で私の車も目隠しになっていましたので周りから見えないところで思いっきりスカートをめくり,
下着をおろすと同時におしっこが噴き出して(本当にこうだった)
きて腰を下ろす時間の余裕はありませんでした。
長いおしっこが終わった後怒ったような顔をして,でも何事もなかったように戻ってきて,
「ああ恥ずかしかった,でも快感,地獄から天国に行った気分だわ」
などと訳の分からないことを言っていましたがでも本当に恥ずかしくでも快感だだったのでしょう,
この後もたびたび同じことを繰り返しましたがいやがっていませんでしたので。


野外社会人 | [2012-05-15(Tue) 23:02:12] | Trackback:(1) | Comments:(0) | [編集]

壮絶な野外排泄!

壮絶な女の子の野外排泄を見ちゃったことがあります。
家の近くの林に人影があったので、見てみると、
女の子(小学高学年くらいかな?)が一人でいるのを発見しました。
木の密度が高いので歩きながらその子がよく見える位置までくると、
あそこをおさえてきょろきょろしてました。
すぐにその子はオーバーオールをあわてて降ろし始め、
パンツを下げてしゃがもうとしたとき、
木にオーバーオールがひっかかってしゃがめずに、
半かがみ状態で止まってしまったと同時に、
すごいいきおいでおしっこが飛び出しました。
女の子はあわててなんとかしようとするのですが、
おしっこはもう止まらないって感じで、
ひっかかっているのを外そうと体をよじるたびに、
足やオーバーオールにおしっこがかかっちゃうのが見えました。
そしてその子はすぐにはずすのをあきらめて、
おしっこが終わるまでその体制のままじっとしていたのですが、
それでもオーバーオールに少しかかっているようでした。
途中でそれに気づいたのか、なんとその子は自分の割れ目に指をあてて、
オーバーオールにかからないようにしていました。
おしっこはすこし後ろの方に飛び散るような感じになっていました。
おしっこがおわると立ち上がって、ティッシュであそことふとももをさっと拭いて、
林から出てきました。ちょっと小柄で元気な子っていう感じでした。


野外小学生 | [2012-05-14(Mon) 23:01:31] | Trackback:(1) | Comments:(0) | [編集]

河原で従妹が・・・

高校一年のとき、1つ年下の従妹の若葉と川へ泳ぎにいったときのことです。
若葉は当時名古屋に住んでいて、川で泳ぐことは滅多に無いらしく、僕の家を出るときからずっとはしゃいでいました。
そんな若葉が、川に近づくにつれて無口になってきたのです。さっきまでとは急に様子が変わったので、気になって
「若葉、どうした?」
僕の質問に、若葉は
「ううん、何でもない。」
と、特に変わった様子も無く答えました。
しかし、よく見ると、若葉は黄色いショートパンツの上からしっかりと股間を両手で押さえていたのです。
「大丈夫か? 若葉?」
僕が声をかけた途端、若葉はついに、
「おしっこ~!!」
そう叫んでしゃがみ込んでしまったのです。
周りには何の建物もなく、僕は若葉をなだめながら河原まで連れて行きました。
その間にも若葉の両手は股の間から離れることはなく、モジモジしながら小股で歩いていました。
でも、河原にもトイレは見当たらず、草の茂みがところどころにあるだけでした。
だんだんと若葉の顔が青ざめていきます。
とうとう限界に達したのか、若葉が突然茂みに向かって歩きだしたのです。
「お、おい、若葉!」
僕の声がまったく耳に入っていないのでしょう。
若葉は両足を擦り合わせ、高校生とは思えないムチムチしたお尻を揺らしながら、
どんどん草むらのなかに入っていきます。
茂みの中に入り込んだ若葉は、ついに、ショートパンツに手をかけ、ショーツと一緒にずり下げると同時に
「ジョーッ・・・」
という音が響きました。
本人は誰にも見られないと思って草むらに入ったのでしょうが、僕の立っていた位置からは、
草の間から、真白いお尻が丸見えでした。
女の子のお尻を初めて目の当たりにした僕は、思わず興奮してしまい、右手で股間を握っていました。
若葉は2~3分くらいしゃがんだままで、おしっこが勢いよく流れているのが分かりました。
放尿し終えた若葉は「ふゥ~っ・・・。」とため息をつくと、ティッシュで大事な部分を拭き始めました。
そして立ち上がると、腰をクネクネさせながら、ピンク色のショーツを穿き、何事も無かったように草むらから出てきたのです。
「ねえ、見えてなかったよ。。。ね?」
「うん、大丈夫だよ。」
 そうは言ったものの、若葉の恥ずかしい姿をしっかりと見させてもらった僕は、いまだに若葉に会うたびにあの桃のような大きなお尻を思い出してしまうのです。


野外中学生 | [2012-05-13(Sun) 22:49:27] | Trackback:(1) | Comments:(0) | [編集]

「お父さん早く出てー!」

私のこういった方面への興味の出発点になった話です。
4歳か5歳くらいの頃、自宅の庭で虫を探したりして遊んでいると、垣根の下をすかして、
細い路地をはさんだとなりの家が見えました。
その家にはしょうこちゃんという中一くらいの女の子がいたのですが、しょうこちゃんが縁側に走ってきて、
そこにあるトイレのドアを叩きながら、「お父さん早く出てー!」と繰り返しています。
足踏みしながら我慢をしていたのですが、もう限界になったのか、しょうこちゃんは縁側から庭に駆け下りてきて、
庭の真ん中あたりにしゃがんでおしっこを始めました。
私はそのとき、自分のペニスが硬くなるのを初めて意識しました。
それ以来、垣根越しに隣の様子を注意していると、しょうこちゃんは結構ひんぱんに庭で用を足すのがわかり、
それもおしっこだけではなく、うんこまですることもありました。
今思い出すと、しょうこちゃん自身も、トイレでは無い場所での排泄をすすんで行っていたような気もします。


野外小学生 | [2012-05-12(Sat) 22:15:18] | Trackback:(1) | Comments:(0) | [編集]

閉じられた個室のドアの前で


去年の春頃だったと思います。
学校帰りに近道で公園を横切っていたところ、中学生くらいの女の子が
何やら切羽詰った顔で走ってきました。
その子はぼくとすれ違って走っていきました。
行く先はトイレのようです。
しかし、ここのトイレは故障か何かで閉鎖されている事を知っていた僕は、
もしや・・・と思いそっと引き返しました。
しばらくするとその子はトイレから出てきて、きょろきょろし始めました。
しかし近くにはコンビニなどはありません。
僕は怪しまれるのを各語でその辺りをうろうろしながら様子をうかがっていました。
すると、その子は突然近くの植え込みの影にしゃがみこんで見えなくなってしまいました。
来た!と僕がかけよるとその子は僕の子とを怪しんでいたようで何事もなかったように立ち上がり再びトイレにかけこみました。
悪いとは思いながらもトイレを覗きこむと、女の子は木の板が打ち付けられて閉じられた個室のドアの前で
スカートと下着を下ろしておしっこしていました。
タイルの上に水溜りができていました。
その子は真っ赤になりながら僕をにらんで泣きながら走っていってしまいました。
罪悪感を感じながらも幸せな気分になれました。


野外中学生 | [2012-05-11(Fri) 22:48:30] | Trackback:(1) | Comments:(0) | [編集]

思い出

中学は共学だったので、男子3人女子3人でプールに行ったのが思い出です。
翌日その内の一人の女の子から、打ち明け話を聞きました。
別の子が全然トイレに行かないので訳を聞くと^プールの中でこっそりしちゃってる.
その時は へー、ひどいねと、調子を合わせたけど、とても興奮して、
しばらくそのイメージが頭から消えなくて困りました。
中学の時はもう一つ凄いことを目撃しました。
家族で夏海へ行った時、泊まった旅館の親戚の女の人(大学生か高校生くらい)が
小さい妹と好く遊んでくれたんだけど、波打ち際でしゃがんで妹をあやしながら
おしっこするのを見ちゃいました。
もちろん、水着はそのままでなにげなさそうに、ジョワーっと。
最初はなんで波も来てないのにお姉さんの股から水が沁み出てるのかなー、
くらいだったんだけど、ずっと続くから、アッ、おしっこだ!!!
と、解ったときは頭が真っ白になるくらいドキドキでした。


野外中学生 | [2012-05-10(Thu) 22:47:08] | Trackback:(1) | Comments:(0) | [編集]

「あっち見てて」

去年の冬、スキーに行ったときのことです。
夕方、友人(男)3人で温泉に入っていたら、小学1.2年ぐらいの女の子がお父さんに連れられて男湯に入ってきました。
最初は広いお風呂ではしゃいでいたのですが、その後黙ってしまい、なにやらもぞもぞし始めたのです。
雰囲気からおしっこがしたいというのがわかりましたが、見て見ぬふりをしていました。
お父さんが気がついたらしく、周りを見渡して僕ら以外誰もいないことを確認すると、お父さんは娘に向かって
「ここでいいから」と小声で言いいそのまま髪を洗い始めました。
その子供は僕らの方に近づいてきて、恥ずかしそうに「あっち見てて」と言ったが、
お父さんが髪を洗っていてこちらに気づかないことをいいことに僕ら3人はじっと子供のお○んこを見つめていました。
しばらく怖い顔をして睨んでいましたが、とうとう我慢出来なくなったらしく、立ったままその場でおしっこをしてしまいました。
数十センチのところで、小学生の立ちションが見られるとは思っても見なかった貴重な体験でした。


野外小学生 | [2012-05-10(Thu) 22:15:05] | Trackback:(1) | Comments:(0) | [編集]

二次元おしっこ画像一覧

おしっこしてる女の子の画像ください!

野外中学生 | [2012-05-10(Thu) 22:13:30] | Trackback:(1) | Comments:(0) | [編集]

誰にも内緒ね

中学校の時の遠足で山登りをしたとき、半分くらい登った所でとってもオシッコがしたくなっていました。
でも休憩所もトイレも頂上までないということであと数時間もこんな調子で登れるわけがないと判断し、
ちょっと気持ちが悪いといって途中で待っていることにしました。
ほかにも何人かのこることになった子がいたのですがどうやらみんなオシッコを我慢していたらしく、もじもじしていました。
「実はわたしトイレ行きたくって」
と私がいうとみんな「私も」と口々に言いそれぞれ木陰を探しだしました。
そんな中どうやら一番我慢していたらしいY子ちゃんは
「もうだめ..
といいながら私の目の前のちょっとした草むらでおもむろにGパンとショーツを脱いで
「しょ~~」どやり始めてしまいました。
私は一瞬ビビリましたが私もかなり限界だったしY子ちゃんだけに恥をかかせるわけにも行かないので
対面に座って放尿しました。
すっきりした後お互い赤面しながら「誰にも内緒ね」と微笑みあいました。


野外中学生 | [2012-05-09(Wed) 21:47:22] | Trackback:(1) | Comments:(0) | [編集]

ベランダで

私が小さい頃、私と、私の幼なじみの女の子と、その幼なじみの友人の女の子と、その友人の弟と、
確か4人ぐらいで、幼ななじみの家の二階で遊んでいたのだが、その幼なじみが突然、
「おしっこしたーい!」
と言い出した。
すると、幼なじみの友人の女の子が
「私も!」
と言い、すると幼なじみは、
「下まで降りるのめんどくさいよ!」
と言いだし、友人を連れベランダまで行き、何をするのかと思い見ていたら、
二人は横一列になって突然しゃがみこみ、スカートを下ろし、パンツをずり下げ、かわいいおしりを突き出し
(後ろからガラスごしに見ていたので、二人のあそこは残念ながら見えなかった)
お尻の割れ目のあたりから、黄色い液体がブシュ-と吹き出てきました。
(音は残念ながら聞こえなかった。
女子の排尿の時の音ってものすごく、いいよね。
シャシャシャーって。
(だんだん音が速くなるの)
ちなみに男はジャージャー(笑)ただの物理的な音にしか聞こえない)
二人の乙女が横一列に並び、ベランダで排尿している姿は、大興奮という他、表現のしようがない。
私と一緒に一部始終見ていた友人の弟も、へへへっと、笑みを浮かべていました。
(姉さんのなんか見てもつまらないと思うが。女兄弟のいない私には、理解出来ない事だ。)
乙女達のあそこを見たいという気持ちと、音が聞きたいという気持ちで、ガラスのサツシを開けて前にまわりこみ、
覗こうとしたが、変態扱いされるのがイヤだったので、後ろからガラスごしでがまんした。
幼なじみの排尿している所はいつも見慣れていましたが、
(でもやっぱり、特に音を聞きながらその姿を眺めると、ものすごく興奮する。毎回)
特に今回は、密かにあこがれていた、幼なじみの友人の乙女が今自分の目の前で、色白のかわいいおしりを出し、
排尿しているのだ。
もう鼻血が吹き出そうだった。
その友人というのは、色白で目はぱっちり、さらさらの長い髪で、ワンピース姿の、
おとなしめで、いかにも、お嬢様タイプの”乙女”だった。
でも残念ながら、その乙女とは、あまり口も聞いた事もなかった。
おっとりタイプとは、相性がよくないのかもしれない。
幼なじみの方はというと、見た目にはおっとりした感じだけれど、わりと活発で積極的で、オープンな性格だった。
すなわち”おっとり”と”活発”を足して二で割った感じの女の子だ。
よく彼女のあそこをいじらせてもらった。
そして丁寧にも、「ここはね、おしっこがでるところよ」と詳しく、女の子の体のしくみを解説してくれた。
(これって俗にいう”おいしゃさんごっこ”なのでしょう。”おいしゃさんごっこ”って実際どんなものなのかよく分からないのだが。
しかしあそこはとても臭く(男のあそこと少し匂いが違う)彼女のイメージが少し悪くなってしまったが。
いじくっているとだんだんあそこが赤くなってきた。
充血して来たのであろう。
だからやめようとすると、「イヤン!もっと、ぐちゅぐちゅやるの!やめないで!」と怒るのです。
そうとう気持ちよかった様子でした。
そんな興奮している彼女が私はだんだん恐くなってきて、やめたかったのだが、やめると怒られるし、
一体どうしたらやめられるんだ?と考えている時、
ちょうど家の人が部屋に近づいてくる足跡のおかげで、運良くやめる事ができただった。
いやあ-よかったよかった!(笑)このときほど、彼女が恐いと思った事はなかったのであった。
そんなオープンな彼女だから、友人をベランダに連れしょんにさそったのだろう。
しかしあの友人の乙女が、野外放尿?をするとは、何てこの日はついていたのだろう!)やがて、
二人が部屋に入って来て、幼なじみの方が私に
「ねえ!私たちのおしっこしている所見たでしょ?!二人のうちどっちを見たの?」
その問いに対し、私は
「見てないよ!」
と嘘をついた。
本当は、友人の乙女のほうばかり見ていたのだが。
(笑)すると
「ふーん、そうよかった!」
と言った。
この日の出来事は、一生忘れない。
途中少し過激な所があった所を深くお詫びいたす。
子供の頃の話にしては、嘘っぽいと思うかもしれないが、本当にあったことである。
いつかこの話を何処かでしたいと思っていた。
しかし、このような趣味を持つ人達でないと、とても話せない。


野外小学生 | [2012-05-08(Tue) 21:46:19] | Trackback:(1) | Comments:(0) | [編集]

お花見で

ある市立の公園に出かけました。
そこは、花見客が多い割 にトイレ少ないんですよ。
女性トイレと共用トイレ、それに身障者トイレれしかありません。
宴酣のころそれ はすごい混みようです。
おしっこがまんしてもじもじするのを見ながら、酒を飲むこれはもう最高です。
おも らししそうな子もいましたけど、さすが女性なかなかいません。
ぁ-今回も収穫無しかと思い帰ろうかと思 った時、30歳前後の目鼻立ちが整った女性が、千鳥足で共用トイレに歩いてきました。
6人ぐらいは並 んでましたので、トイレの方を見るなりなにやら住宅街に向かいました。
これはもしやと思い後をつける と、アパートの前で鍵を開けようとしてました。
なんだつまないや帰ろうと思った瞬間、彼女は駐車場の方 へ向かいました。
どうやら鍵を忘れたらしいのです。
期待に胸を膨らませ、後をつけました。
よほど我慢し てたのでしょう。
5.6秒で追いついたにもかかわらず、彼女はお尻丸出しでシャーと凄い太い尿線で、水溜まりをつくりはじめました。
あまりの勢いにこちらも、興奮を抑え切れず、
「こんなところで、おしっこしち ゃだめじゃないか。」
と言うと、目に涙を溜めながら「だっておしっこしたいんだもん。」と振り向きざまに言いました。
その言い方は、すごくかわいかったです。
そう言いながら、彼女の尿線はみるみるうちに細 くなり
「落ち着いてできないんなら見張りますよ。」
と言うとティッシュで拭きもしないでパンツを上げ始め ました。
こちらも近くに人がいたので、面倒なことになるとまずいので、その場を離れようとしました。
すると 彼女は、反対側にまわりまたズボンを下げ始めました。
たぶんコップ1杯分程度しかしていないはずなの で、激しい尿意があったのでしょう。
さすがに、私が近づくとズボンを上げ始めました。
もっと、後をつけた かったんですが、可哀相になり彼女のおしっこした後をみて帰路につきました。
その後の彼女どうしたの か気になります。安心感が、思わぬアクシデントを生むんですね。


野外社会人 | [2012-05-08(Tue) 21:45:37] | Trackback:(1) | Comments:(0) | [編集]

小雨の降る日に

以前、私が大きな団地の10階に住んでいた時の目撃談です。
小雨がしとしと降る日の午後でした。
何の気なしに眼下の遊歩道を眺めていました。
人通りはまばらで、ところどころにゆっくりと傘をさして歩く人々が見えました。
そんな中を猛烈な勢いで私の居る建物の方へ走ってくる小さな傘がありました。
注意してよく見ると、黒いワンピースを着た小学校1年生くらいの女の子のようです。
お稽古事の帰りでしょうか、右腕に手提げかばんを通して傘を持っています。
そして何よりも私の目を引いたのは、その左手でした。
黒いワンピースだったからでしょうか、私の居る10階の窓からでも
股間を押さえているのが、はっきりとわかりました。
かなりせっぱつまっているのでしょう、押さえた左手を片時も
股間から離すことなく、腿をすり合わせるようにして一生懸命走って来ます。
そして、私の居る建物のすぐそばまで来たときのことです。
突然、持っていた傘と手提げかばんをパッと投げ出したのです。
傘とかばんとは、彼女の少し後ろ、人通りの途絶えた遊歩道の真ん中に落ちました。
幸い傘もひっくり返らずに、柄を下にして開いたまま着地しました。
しかし、当の彼女はそんなことお構いなしにワンピースをたくし上げ
パンツを下ろしてしゃがみ込んでいました。
いくら人通りが途切れているとはいえ遊歩道の真ん中で、しかも雨に濡れながらです。
そうとうあせっていたようです。
10階の窓からではわかりませんでしたが、ひょっとしたら泣きべそを
かきながら走っていたのかも知れません。
しばらくして無事におしっこをし終えたようで、立ちあがると
ぎこちなくパンツをはきました。
どうやらパンツに少し漏らしてしまったようでした。
そして、すぐ後ろに落ちている手提げかばんと傘を見つけるとそれを拾い、
何事も起こらなかったように、さっきとはうってかわった
ゆっくりとした足取りでその場を立ち去りました。


野外小学生 | [2012-05-07(Mon) 21:44:59] | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

とある無人駅で

一人で運転していた時、どうしてもトイレに行きたくなり、さんざん捜した挙げ句、
やっと見つけたのが、とあるローカル線の小さな無人駅で、トイレは男女共同でした。
僕が入ろうとしたら、その前に人妻風の女性が入って行きました。
女性用(大便用)が故障中の貼り紙をしていたので、どうするかと思いきや、男性用の方で用を足そうとしていました。
ここで入ったら、人妻さんは用も足さないまま逃げて行くだろうと思って、
僕は、人妻さんがパンティを脱いで、オシッコをし始めるまで待っていました。
そして、タイミングを見計らって、今にもモレそうだというフリとして急いでトイレに入り、人妻さんの横の便器につきました。
人妻さんはびっくりした表情をしていましたが、オシッコはシャーシャーと音を立てながら出していました。
人妻さんは、ガニ股のポーズで割れ目をスケベそうに広げていました。
そんな人妻さんのポーズに、僕もオシッコしながら勃起させていました。
人妻さんは、恥ずかしそうに
「いや~、エッチ。見ないで」
と言いながらも、オシッコは続けていました。
人妻さんはオシッコを終えると、拭かないまま走ってトイレを出て、
車(MR2だったかな・・・。案外ヤンキーだったかも?)を飛ばしていきました。
僕はその後、人妻さんのオシッコを思い浮かべながら、オナニーしていました。
それにしても、男性用でオシッコしておきながら「エッチね~」
は無いと思いますが・・・


野外社会人 | [2012-05-06(Sun) 22:46:55] | Trackback:(1) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © おもらしインフォメーション All Rights Reserved. Powered By FC2.
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。