FC2ブログ

新着情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | [--------(--) --:--:--] | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

間に合わずお漏らし

この間喫茶店に入ったら向かいのテーブルに陣取っていた祖母、母親、お子様という
どうみてもDQNっぽいファミリーのもとにトイレから出てきた小三くらいの女の子が
駆け寄ってきた
母親が「あんた、間に合ったの?」と問いかけると女の子は「うん…」と浮かない顔をしながら
黒色のショートパンツの股の部分をしきりに引っ張っていた
下着の位置を直すというよりは濡れて張り付いた下着をはがそうとしている感じだった
ショートパンツに濡れた形跡はなかったけど、下着を降ろす前に堪えきれずにかなりの量の
オシッコが出ちゃったという趣旨のことを母親に話していた
母親は「だからトイレに行きたいときはすぐに『トイレ行きたい』って言いなさいって
言ってるでしょう」と少し強い口調でたしなめていた


おもらし小学生 | [2013-08-13(Tue) 14:31:11] | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

ワンピースにしみこむおしっこ

小学校の頃、近所の団地の友人と遊んでいたらきまって二つ下の学年の女子がついてきてた
今から考えるとちょっと頭の緩い子で何をやらせてもトロくさく、皆に黙ってついて行くだけの子だった
夏のある日にいつもの通り友人と遊んでいるとどこからともなく彼女が現れて近所の池まで
オタマジャクシ取りに行ったんだけど、彼女は団地を出発するときからオシッコ我慢体制に入ってて
「○○(自分の下の名前)、オシッコもう出そう」とか「もれるー、オシッコもるー」とつぶやきながら
足を交差させ、右手でずっと前押さえしていた
自分をはじめ友人たちは殆どが小4くらいだったので、悶えてる彼女に「家帰ってションベンしてこいよ」
「(手近な茂みを指さして)そこでションベンしてこいよ」「もう漏らせ」「団地に帰るまで我慢しろ」とか
言いたい放題で何の手も打たず、近所の池で小一時間ほどオタマジャクシ取りに没頭した
あー楽しかった、大漁だぜと言いながら団地に戻ってくると、友人の誰かが「○○(彼女の名前)、
お前ションベンどうしたんだよ」と話題を振ってきた
皆その時点で彼女がオモラシ寸前だったことを思い出して「間に合ったのかよ」「漏らしたのか?」
「いやお前急にしゃがみこんで静かになったから漏らしたんだろ」と彼女を糾弾した
彼女は涙目で「違うもん、○○(自分の下の名前)オシッコしてないもん」と主張するけど、どうみても
白のワンピースには薄黄色のでっかいしみができてるし、太ももやふくらはぎには盛大にオシッコが
伝った跡が残っていた

そこで友人の一人が言い出したことは「漏らしてないって言うならパンツ見せてみろよ」
皆興奮して「そうだパンツ見せろよ」「漏らしてないんだったら濡れてないよな」と口々に言いだしたが
頭の緩い彼女は近くにあったコンクリートブロックに腰を下ろし、何のためらいもなく「ほら」と言って
オシッコのシミができたワンピースの裾をめくり上げた
フロント部分にキキララのプリントが入ったパンツがあられもなく披露されたが、漏らしたときに
前をずっとおさえていたせいかプリントの入った部分までオシッコがしみこんで、半分乾きかけの
状態になっていた
「なんだよそのシミ!」「パンツ真っ黄色じゃんか!」「やっぱオモラシしてんじゃねえか」と怒号が飛び、
お前ちょっと足開いてよく見せてみろよ、と誰かが声を上げた
彼女は泣きべそをかきながら「○○オモラシしてないもん、これ汗だもん」と訴え、ワンピースを胸まで
たくし上げながら股を開いた
股の部分はまだオシッコがしみこんでいてびしょびしょの状態だった
「これションベンだろ」「絶対オモラシだよな」「二年にもなってはずかしー」とはやしたてると、彼女は
立ち上がり、違うもん、オシッコじゃないもんと泣きながら訴えていたけど、彼女が腰を下ろしていた
コンクリートブロックにはオシッコのシミが綺麗にうきあがっていたし、パンツのお尻の部分はこれまた
全面が薄黄色に染まっていたのだった

で、「ションベンしたいんなら家帰ってトイレで済ませろよなー」「もう漏らすなよなー」と言いながら
皆揃って彼女の家に行き、彼女の母親に「○○ちゃんオモラシしたみたいだから」と言って後始末を
頼んだのだった


あれから二十年以上経ったけど、彼女が開脚してオモラシパンツを皆に見せたコンクリートブロックが
未だ同じ場所に存在しているのを見て、なんか複雑な気持ちになった

おもらし小学生 | [2013-08-03(Sat) 23:47:57] | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

少女のお漏らし

今日はコンビナートで有名なある都市まで日帰り出張だったけど帰りにいいものを見た
駅で列車を待ってると向かいのホームでTシャツと三分丈のジーンズに身を包んだ
小学校高学年くらいの女の子が立ったりしゃがんだり
しゃがんでるときはかかとでアソコを押さえ付けてるし立ってるときもジーンズ引っ張り
上げたり左手で膀胱のあたりをしきりにさすりながらウロウロしてるのでオシッコ我慢中と
確信した
反対のホームから見ていると近くのベンチに座って手提げ鞄から単行本らしき本を
取りだして読み始めるも太ももはぴったりと閉じられ膝は不規則にガクガクしていて
相当我慢している様子
大きな波が来るたびに体を前に折り曲げたりよじったりしながら左手で必死に前押さえ
そうこうするうちに自分が乗る列車がやってきたので泣く泣く乗り込んで指定席に
座ったら、窓越しにオシッコ我慢中の女の子の姿が見えたけど、ベンチからはポタポタと
滴がしたたり落ちホームには大きな水たまりができていた
ガクガクしていた膝のうごきもぴたりと止んで両足ともつま先立ちのような格好になって
いて、左手はぐしょぐしょに濡れたジーンズの股間をぐっと押さえたままだったけど、
彼女は目に涙をいっぱい浮かべながら右手だけで本を読んでいた
あのあとどうやって家まで帰ったんだろう

おもらし小学生 | [2013-08-01(Thu) 23:46:02] | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

屋形船のトイレが汚くて

小6位だった姉ちゃんが遊漁船(屋形船の様な)の便所に行けず(汚さなのか場所の所為か)
宴会モードの机の前に座ったままの水着の股からオシッコが。 
オヤジが後始末をしていたが姉ちゃんは恥ずかしさと切なさとで船尾のトイレの近くに居た俺に話しかけてきた。
「我慢しきれなく成っちゃったの」と云った姉ちゃんはトイレで残りを出してきた。
囲われているだけの仮設の様なトイレは水面まで50センチは空間が在るから船尾で水面を覗いている俺は見た。
姉ちゃんのも他の人のも。 あの日から姉ちゃんは俺に優しくなったのは自然の成り行き。
あの日オシッコを洩らしてしまった秘密の処を見せて貰つたのも其れからじきの事。

おもらし小学生 | [2013-02-04(Mon) 14:37:59] | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

合唱団の女の子がお漏らし

前に見に行ったコーラスのコンサートで、出演していた少年合唱の
女の子(推定小5~6)がもらしてしまったらしく、曲の合間に大人2~3人に
連れられて舞台から降りてった。
その後、幕間に舞台係とおぼしき人たちがモップを持って出てきて、その子が
立ってたあたりを拭き始めた。

その子が舞台から降ろされたときは「気分でも悪くなったのかな?」と
思ったけど、モップが出てきたのを見てはじめて「あぁ、なるほど」と
納得し、思わず萌えてしまいますた。


おもらし小学生 | [2013-01-22(Tue) 23:56:09] | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © おもらしインフォメーション All Rights Reserved. Powered By FC2.
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。